第103回/「普通の恋」は案外難しい - 彼氏彼女の気持ち-re(Perpetual Room) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第103回/「普通の恋」は案外難しい - 彼氏彼女の気持ち-re(Perpetual Room)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

彼氏彼女の気持ち-re

彼氏彼女の気持ち-re準推薦
■制作者/Perpetual Room(ダウンロード
■容量/37.2MB

主人公が、密かに憧れていた幼なじみの藤堂かすみ。誰もが羨む学園のヒロインであるかすみから、ある日なんと告白される。そこから始まる2人の「彼氏彼女の気持ち」。微妙にすれ違い、様々な人の気持ちが絡み合い、2人の恋はどこへ行くのか。巧みなシナリオ分岐と豊富なエンディング、スタンダードな恋愛ノベル。

ここが○

  • 巧妙な分岐と多彩なシナリオは、読み応えたっぷり。
  • シンプルで定番ながら、上手いキャラクターメイキング。
  • 甘ったるい物語かと思いきや、途中で突如ダークな話になってびっくり。

ここが×

  • 立ち絵、背景、音楽。素材がありきたりすぎて個性に欠ける。
  • シナリオによって完成度にかなり差がある。
  • 独力でクリアするには、ちょっと難易度が辛いか。

■「普通の恋」は案外難しい

この作品は、以前「彼氏彼女の気持ち」というタイトルで公開されており、何を隠そう私も3年くらい前にプレイしていました。その時は、2、3回やって「ふーん」と終了してしまいました。ツールは「恋愛シミュレーションツクール2」でした。この作品は「Love Mail」の作者さんの作品ですが、レビューにもちゃんと「同じ作者さんが作った『彼氏彼女の気持ち』もプレイしたけど、あちらは取り上げない」などと、書いてしまっています。

その作品が、このほどNScripterで大幅リニューアルされたようです。まず見て分かるのは、背景も立ち絵も全部素材。音楽も素材なんですが、聞き覚えのある曲ばかりです。加えて、作者さんも素材(←これは嘘)。また、恋愛ノベルだと、序盤はひたすらキャラ同士のかけあいなんてパターンが多く、それはそれで退屈なんですが、この作品は何と冒頭で主人公とヒロインのかすみが恋人同士になってしまいます。個性のない見た目と延々続く甘ったるい描写に、序盤でこの作品をやめてしまう人もいるかも知れません。

また、1回プレイしたときにプレイできる物語は、多分ありがちな展開で、ハッピーエンドとは言えとりたてて感銘を受けるようなシナリオとも言えません。事実、私はこのファーストプレイ時のシナリオを前作で読んで、レビューを書かなかったのです。

が、ちょっとお待ちを。地味な見た目、甘ったるい序盤。そこでこの作品を軽視せず、何度かプレイしてみてください。この作品、恋愛ものとしては異例なほどにシナリオ分岐が多いんです。数度プレイした後だと、何と「かすみと恋人同士にならない」なんて展開もあるくらいですから。

キャラクターは、どのキャラも定番というかステロタイプというか、まあありがちな設定です。キャラが素材なだけに、一層キャラの「ありがち感」は強いですが、そこは語りすぎずテンポの良いテキストで、上手く流れに溶け込ませています。文章自体はそこまで巧みではないんですが、やはり何度も書いたように、ノベルゲームではこの「流れ」が一番大事だなと思わされます。ただ、男性キャラがほとんど皆無なので、そこは少しバランスが悪いように感じました。まあこれはこの作品に限った事ではなく、多くの恋愛ノベルに見られる点でもありますが。

で、肝心のシナリオ分岐ですが、実に多彩。1回目にプレイした時は、冒頭から甘ったるい青春物風の物語が展開し、「これがメインシナリオか」と思わされるんですが、騙されてはいけません。まずは1回クリアしてください。すると初めて、真のメインシナリオへの道が開けます。真のメインシナリオは、かなりダークです。こんなシナリオ展開をさせた恋愛ノベルは、初めてなんじゃないでしょうか。中学生くらいがプレイしたら、ちょっとショックを受けるかも知れません。個人的には15歳以上推奨にすべきだと思います(爆)。

とまあダークなメインシナリオですが、最後はきっちり解決しており、読後感も良いです(読後感の良くないバッドエンドももちろんあるけど)。その他、とにかく色々分岐するので色々試してみましょう。一部、シナリオによって作りがえらく軽いと思わされたり、シナリオの出来に少しばらつきがあるのが気になりますが、これだけ多彩に分岐すれば言う事なしでしょう。恋愛ノベルは「恋が成就するまで」を物語にする事がほとんどですが、この作品のように「恋人同士になってから」でも、これだけ物語を作れるんですね。それだけのお話を1本の作品に仕上げてしまうとは、恐れ入りました。

攻略は少し難しいですが、作者さんのサイトにヒントもあります。この作品、もし立ち絵がオリジナルだったり、文章がもうちょっとこなれていたりしたら、「推薦」にしてたかも知れません。見た目は地味ですが、細部まで丁寧に作られた良作です。恋愛ノベル好きの方は、腰を据えてプレイしてみてください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply