レビュー1000本到達記念のご挨拶 - ノベルゲームのお話
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
はじめに(是非読んでください) 

レビュー1000本到達記念のご挨拶

ノベルゲームのお話
  • comment5
  • trackback-
昨日のレビューで、17年5ヶ月にして通常レビューが通算1000回に到達しました(掌編枠は165本)。今は昔に比べるとフリーノベルゲームのレビューブログ、レビューサイトは激減しましたが、それにしても1000本ものレビューを書いた人も、それほど多くはないのではなかろうかと思います。

私は、特別に文才があるわけではないのですが、それでも17年以上も(途中休んだこともありましたが)続けるという、地道な持続力は多少持っていたのかも知れません。

何より、1000本(+165本)の作品を世に生み出してくださった作者の皆様には、感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。

実は2015年の7月から2018年の4月まで約2年10ヶ月の間、全く更新をしませんでした。それまでは自前でレンタルサーバーを借りて、HTMLをこつこつ手入力していたのですが、手間も大変でしたし、この頃色々と忙しくなってしまい、ノベルゲームどころではなくなったのです。

そのためサーバーを解約し、FC2のフリーウェブスペースにそれまでのレビューを置いて、それっきりになっていました。忙しい生活が続いていましたし、レビューを書くことはもうないだろうと思っていたのです。

ところが、2018年の4月頃だったと思うのですが、たまたま「ショート・ショート・ショート100」の企画を目にしました。何故か「ちょっと参加してみようかな?」と思い立ち、連絡を取ってみたのです。そして参加が決まり、せっかくなので他の参加者がそれまで制作した作品のレビューを、2本ほど企画のブログに書いてみたんですね。

そうすると、やはりノベルゲームは楽しいし、私はレビューを書くのが好きなんだなあと感じました。なのでFC2ブログに全部のレビューを移し、更新を再開することにしたのです。最初は「388本まで来ているから、400本までは行ってみよう」と思っていたのですが、それが500、600、700となり、そこまで来ると「どうせなら1000の大台を目指すか」ということに(笑)。

ここで、レビュー開始から年代別のレビュー本数を見てみましょう。括弧内は累計です。

2003 12
2004 40(52)
2005 21(73)
2006 20(93)
2007 28(121)
2008 11(132)
2009 38(170)
2010 56(226)
2011 53(279)
2012 31(311)
2013 34(345)
2014 34(379)
2015 9(388)
2016 0(388)
2017 0(388)
2018 177(565)
2019 189(754)
2020 208(962)
2021 38(1000)

1000本中、推薦は57本、準推薦は351本です。こうして見ると、2018年からいかに発狂したかのようなペースでレビューを書いているかがよく分かります(笑)。まあ昔は作品数も多くなかったですから、Vectorに登録された全作品をプレイするということも可能でしたが、今ではそんなことは絶対に不可能ですね。

1000本に到達したことですし、流石に少しだけペースを落とそうかと思っていますが、今のところレビューをやめる予定はありません。まだまだ、登場を心待ちにして期待している作品が何本もありますからね。

そして、年代によって少しずつレビューのスタイルも変わってきていますが(昔はもっと言いたい放題していましたから(笑))、基本的なスタンスは多分変わっていません。それは、「プレイヤーと作者、両方に意味のあるレビューにする」ことです。

現在ではノベルゲームポータルサイトのスタンダードとも言える地位を築いた、「ノベルゲームコレクション」。ここのレビュー欄にはガイドラインがありまして、ネガティブなことは書かないようにとされていますし、作品を点数評価するような行為は禁じられています。

それはそれで、作者に対するメッセージや応援、そしてコミュニケーションの場だと考えれば有意義でしょう。ですが私のようなプレイ専門の者からすると、無難な褒め言葉ばかりが並んでいるノベコレの感想欄は、作品選びの参考には全くなりません。またノベコレの星評価は、ほとんど全員が星5をつけるため、これも作品を選ぶ指標にはなりません。星の平均が5で評価人数も多く、感想にも褒め言葉が並んでいる作品をプレイして、「……」となったこと、一度や二度ではありません。

もちろん、だからと言ってノベコレの姿勢を否定するものではありませんし、あのサイトが果たした功績は非常に大きいのは間違いありません。ただ個人でやっているレビューブログがどんどん減っている今、あまりに作者側に寄りすぎているように思えます。

フリーノベルゲームの世界は、作者あってのものであるのは間違い無いのですが、さりとてプレイヤーを無視していいということにはなりません。作者が作品を生み出さないと何も始まりませんが、その作品を1人もプレイしないと、作者の努力は全くの徒労に終わるのですから。

そういう訳で、「作者に最大限の敬意を払いつつ、プレイヤーが読んで役に立つようなレビューを」ということを、なるべく心掛けています。その作品の面白さ、良かった点を述べつつ、気になった点にも切り込むスタイルは、今後も変えないと思いまあす。「ここが×」という表現にお叱りを受けたこともあるのですが、「良い点と気になる点を平等に取り扱う」という主義により、この点は今後も貫くつもりです。どうぞご了承ください。

これからも楽しみつつ、無理のない範囲でフリーノベルゲームをプレイし、その面白さをわずかでもご紹介していければと思っています。引き続いて、NaGISA netをどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事

Comments 5

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/03/21 (Sun) 20:06 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>内緒コメントの方

ご意見ありがとうございます。と共に、不快な思いをさせた点については、お詫び申し上げます。

おっしゃられることの中には、なるほどと思えるものもあり、一方で「それは違うのではないか」と思えることもありますが、ここではそれは論じません(単なる見解の相違に過ぎず、不毛ですから)。

私が、他人の作品に感想を書く自由があるように、私の感想を読んでどのような意見を持っても、それもまた自由ですので、ご意見は心に留め置いておきます。ただし本文で書いた通り、スタイルを変える予定はありません。

もちろん、おっしゃられたような印象を与えないよう、最大限の配慮は(現在もしているつもりですが)、今後も継続し精進してまいります。悪しからずご了承ください。

2021/03/22 (Mon) 08:16 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/03/25 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |   
きった  

遅ればせながら、レビュー1000本到達おめでとうございます。

NaGISAさんのレビューのおかげで出会えた作品は数知れず、個人的にはそれぞれの作品を生み出した作者さんへの感謝と同じくらいNaGISAさんにも感謝しております。

長期間にわたり一定のスタンスのもとでレビューされてきたということで、それぞれの作品のレビュー単体はもちろんのこと、いろいろな作品の魅力を比較できるレビュー群としても心から信頼しております。

これからもよろしくお願いいたします。

2021/03/29 (Mon) 20:45 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>きったさん

ありがとうございます。「レビューのおかげで出会えた作品は数知れず」と言っていただけると、一番嬉しいです。

やはり私は、(作者や作品に対する敬意を表するのはもちろんですが)プレイヤーのためにレビューを書いているという側面が大きいですので、そのような感想をいただけると、もうちょっと頑張ってみようと思えます。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。

2021/03/29 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply