第137回/私の恋、間もなくオンエア! - 想いよ届け! 校内放送に乗せて―(Lens*type) - 学園・青春
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第137回/私の恋、間もなくオンエア! - 想いよ届け! 校内放送に乗せて―(Lens*type)

学園・青春
  • comment0
  • trackback-

想いよ届け! 校内放送に乗せて―

想いよ届け! 校内放送に乗せて―準推薦
■制作者/Lens*type(ダウンロード
■容量/16.9MB

放送部に所属する、胡桃沢修子と飯塚貴紀の2人は、昼休みの校内放送の人気DJコンビ。番組内でお便りを読んで行くコーナーが人気。ところが、ある日校内で女生徒の体操着が盗まれる事件が発生。好奇心旺盛な2人は、犯人調査に乗り出す。様々な要素がバランスよく盛り込まれた、テンポよく進む短編学園ノベル。

ここが○

  • 主人公二人の「距離感」が絶妙。
  • 短いのに、様々な要素が盛り込まれていてシナリオバランス良好。
  • 綺麗なラスト。

ここが×

  • 犯人その他はあっさり分かってしまう。
  • このジャンルならば、やはりシナリオ分岐が欲しい。
  • 終了後、何の余韻もなくタイトル直行。

■私の恋、間もなくオンエア!

短編ノベルゲームで、「読める」作品を作るのは非常に難しいものです。短編とは言えただのだらだらした日常では面白みがありません。起承転結は必要なのですが、それだけだといかにも一本調子なシナリオになります。この作品は、ちょっとしたサスペンス、学園、恋愛などが非常にバランスよく盛り込まれた、スマッシュヒット作。

今作の舞台は高校の放送部。懐かしい感じです(実は私、元放送部)。もっとも、どちらかと言えば放送用シナリオ製作とか機材操作などの裏方だった上、たまにしゃべっても、この作品の主人公達のような軽快なしゃべりはしていませんでしたが……(笑)。

まず注目すべきは、主人公である貴紀と修子の、絶妙な「距離感」。やり取りが絶妙なのではなく(やり取りも良いんですが)、「距離感」です。変にベタベタもしておらず、さりとて過剰に乾き切ってもおらずで、実に良い感じです。また、密かに仕込んでいるトリックが実に決まってます(割とすぐ気付いてしまいましたが)。この伏線は実に上手い! この手の作品の場合、ラストに唐突に告白して終わり、というのがよくあるパターンですが、キャラと舞台、そして展開を見事に活かした「仕込み」には、感心させらされました。

さて、この作品のメインは体操着(&制服)盗難事件。途中から妙にサスペンスチックな展開になります(怪我人まで出るし)。ただ、ここの展開は、非常に早くオチが読めてしまったんですよね。できれば、選択肢を入れたシナリオ分岐を導入すれば、もっと面白くなったんじゃないでしょうか。

とは言え、この作品の良さは短編ならではと言えそうですし、変に即死選択肢を導入されてぐだぐだになるよりは、今のままで十分という気がしなくもありませんけどね。事件自体大げさなものでもないですし。

後は、前半で放送のゲストとして登場してくれた高岡君が、後半は完全に消えてたりとかもします。事件の解決編が、あまりにあっさり進行しすぎた感もありますので、ここは彼も登場させて、もうちょっと引っ張っても良かったんじゃないかと思います。もう1つ欲を言えば、折角見事な伏線を仕込んでいるのだから、ラストシーンもその伏線通りのシーンにするなどの小技を仕掛けてみても、面白かったのでは。

立ち絵はヒロインの修子のみ。線の太い独特の画風ですが、よくキャラクターにマッチしています。音楽はシンプルですが、短編の場合は、BGMが大げさすぎでも何ですので、これくらいシンプルな方がかえって合っている気がします。

とは言え、エンディングは欲しかったなと思いますね。終わった後は、何の前触れもなくタイトルに直行。私は、何かのバグかと思ってしまいました(笑)。それと、解凍後に出て来る実行ファイルが、吉里吉里デフォルトなんですよね。最初私は「あれ? ゲーム実行ファイルがないぞ?」と思わず目をこすってしまいました。

この作品は、短編選択肢なしノベルにも関わらず、事件、学園、恋愛、キャラクターなどの要素が、非常にバランスよくまとまった良作です。特に、無事に事件が解決した後の、もう1つのオチの綺麗さには、モニターの前でうーむと唸ることしきり。プレイヤーだけでなく、制作者の方にも大いに参考になる要素が多い作品だと思います。プレイ時間は20分。小粒でぴりりと辛い学園ノベルです。是非どうぞ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply