第15回/流れ流れて壇ノ浦 - 夢の少女〜Dream girl(Studio Lonly Cry) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第15回/流れ流れて壇ノ浦 - 夢の少女〜Dream girl(Studio Lonly Cry)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

夢の少女~Dream girl

夢の少女推薦
■製作者/Studio Lonely Cry(ダウンロード
■容量/91.1MB

木下優也は高校2年生。頻繁に見る夢に登場する少女は何を訴えようとしているのか。そしてある日ばったりと再会した、彼の幼なじみであり初恋の相手、かのえ。忘れていた時間がまた流れ始める。3人のヒロインのマルチシナリオ。驚きの全キャラフルボイスで送る恋愛ノベル。

ここが○

  • 心の葛藤を感じさせる唯シナリオが秀逸の出来映え。
  • びっくりするしかない全キャラフルボイス。どのキャラも結構うまい。
  • 特に男性キャラが個性的で楽しい。

ここが×

  • 「夢の少女」の存在意義が少し弱い。
  • 細かい言い回しが少々直線的。
  • 仕方ないとは言え、容量が巨大。

■流れ流れて壇ノ浦

出ました、90MB。ダイヤルアップならば、回線が空いてても数時間。それにしても、何ゆえこれほど容量が巨大なのか、と、その原因はプレイ直後すぐに判明します。なんと「登場する全キャラがフルボイスでしゃべりまくる」のです。「ヒロインがフルボイス」とか、「特定の台詞だけしゃべる」のではありません。ヒロインから友人から更には学校の先生まで、出るキャラ出るキャラしゃべりまくり。それでいてシナリオの分量もかなりあります。これは非常に手がかかった事でしょう。恐れ入るしかありません。

声がついてるのはいいが、じゃあ演技はどうなんだ、と言う事になりますが、これが結構ハマっていて見事です。特に男性キャラは個性的で、くどすぎないウィットのセンスも手伝って非常に楽しく聞けました。個人的には壇ノ浦先生が渋くて好きですが(笑)、西山先輩や川田と言った辺りも良いです。「川中でも桶狭間でも……」には笑ってしまいました。

それ以外のところに目を向けてみると、キャラの立ち絵は普通の上くらいでしょうか。フリーなら十分合格レベルでしょう。イベントの1枚絵も結構入ってて豪華な感じですね。曲もまあまあだと思います。背景は多分作者さんが自分で撮影したものでしょうけど、違和感ありません。また、システム面はかなり凝ってて優秀。クリアしてでてくる「おまけ」も嬉しいですね。

この作品には3人のヒロインが登場します。個人的に一押しなのが唯のシナリオ。登場キャラの心の葛藤がうまく描けていて、非常に感心しました。この唯シナリオだけで「推薦」をつけたと言っても過言ではありません。かのえシナリオと美雪シナリオは、物語が突出して良く出来ているという訳ではないのですが、表現が丁寧で、かつ小賢しさがないため、安心して読めます。ただ、美雪はちょっと好き嫌いが分かれるキャラクターかも知れませんね。

また、唯シナリオでは西山先輩、美雪シナリオでは壇ノ浦先生と言うように、個性的な脇キャラにもそれぞれ見せ場があります。キャラクターの扱いに、巧みさを感じさせます。文章力は、「若さ」を感じて正直凄く高い訳じゃないですが、丁寧に書かれていてとても読みやすかったですね。恋愛ものの肝とも言える、恋愛に至る過程もうまく表現できていると思います。少年マンガと少女マンガの良いところを合わせ持ったと言いますか、直線的なんですが嫌味にならない爽やかさを感じます。恋愛ものにご都合主義はつきものですが、そのご都合主義をご都合主義と感じさせない雰囲気を持っていました。

ただし、作品中で作者さんの名前を出したりするのは、少々内輪ネタっぽいところを感じさせてしまって、そこだけは引いてしまいましたけど(苦笑)。それから、タイトルにもなっている「夢の少女」の存在意義が少し弱いかな、と思いました。ここはもう一捻りが欲しかったところです(正直、「夢の少女」はいなくても、シナリオ進行上あまり問題がないような気が)。基本のシナリオがしっかりしているだけに、そこは気になりましたね。

しかし、フリーである事を考えれば十分に楽しめ、合格点におまけとのしを付けてあげたい一作です。容量が巨大なだけに、ダイヤルアップの方にはお勧めしにくいのですが、ブロードバンドならばお勧めしたい1本です。ダウンロード時間の何倍も楽しめるはずです。

関連記事

Comments 0

Leave a reply