第325回/Because I need you - 俺と彼女のエイプリルフールの過ごし方(alpha) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第325回/Because I need you - 俺と彼女のエイプリルフールの過ごし方(alpha)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

俺と彼女のエイプリルフールの過ごし方

俺と彼女のエイプリルフールの過ごし方■制作者/alpha(ダウンロード
■容量/49.0MB

主人公の大学生山本春馬には、二瀬あかりというよくできた彼女がいるが、よくできすぎて自分を頼ってくれないのが不満の種。そこで友人の助言により、エイプリルフールを利用して一波乱をしかける。2人の関係やいかに。短編恋愛ノベル。

ここが○

  • 登場キャラ3人のやり取りが、適度に個性的で楽しく読める。
  • 短いが、起伏がしっかりしていて飽きない。
  • くどすぎない恋愛模様。

ここが×

  • 犯罪行為イクナイ!
  • エイプリルフールをネタにするんだから、オチにもう一捻りあってもよかった。
  • ワイド画面に意味がない。

■Because I need you

結構間が空いてしまいました。今回は、多分初めて取り上げるであろう「エイプリルフールもの」です。私は、エイプリルフールというネタは、日本人のメンタルにマッチしないような気がしていて、どうも好きになれないのですが、この作品は私が作った曲を使ってくださっている事もあって(?)、取り上げてみました。

この作品は「君の道、僕の道」「左前の彼女」の作者さんによる作品です。このサークルはシナリオライターが2人いるようで、今作は「君の道、僕の道」を書かれた方が手がけたみたいです。言われてみれば、確かに主人公とヒロイン、友人のやり取りの軽妙さには、あの作品を感じさせる点が見られますね。

俺と彼女のエイプリルフールの過ごし方フリーの恋愛ノベルだと、大抵舞台は高校で、主人公は非リア充なのですが(?)、この作品の主人公は大学生で、しかも主人公には非常によくできた彼女がいるというのが、ちょっと変わっています。恋愛もので、主人公が中学生か、高校生か、大学生かというのは、意外と描かれる恋愛のリアリティにも関わるので、軽視できない要素なのです。

この作品の主人公春馬は、大学生の割に大人びていないのですが、ヒロインあかり(最近「あかり」という名前多すぎ!)との、よくできてはいるものの微妙に噛み合わない関係というのがよく出せていると思います。高校生だと、恋愛も若さだけで突っ走れるところがありますが、大学生ともなると恋愛にも噛み合わないところが多々出て来るものですから、この設定はなかなか上手く行っていると思います。

そして、よくできた彼女ではあるものの、よくできすぎていて自分を頼ってくれないあかりに対し、友人の高田が主人公にめちゃくちゃな提案をします。高田というキャラの、いい意味での適当さがなせる技でしょう(笑)。めちゃくちゃと言えばめちゃくちゃなんですが、短編作品はこれくらい大げさな起伏があった方が読んでいて楽しめますし、ありなのではないでしょうか。

ただ、解決に至るラストについては、もう一捻りが欲しかったところです。何せ、春馬がやっている事ときたら、下手したらそのまま通報されて現行犯逮捕されてもおかしくない行為ですし(汗)。せっかくエイプリルフールをネタとして取り上げたのですから、あかりがエイプリルフールを逆用したオチを春馬に対して用意しておくとか、そういう展開があってもよかったのではないでしょうか。

とは言え、適度にどたばたして、適度に起伏があって、短編としては楽しめる作品に仕上がっています。一般に短編だと、特定の台詞とか、特定のシーンとか、あるいは単に雰囲気だけとか、そういう作品も多いんですが、短いなりにきちんと起承転結を持ったシナリオを持っていますし、キャラクターもよくできています。シナリオは、単に意外なオチがつけばいいというものではなく、「展開のバランス」が大事なのだと思わされますね。

この作品、見ればお分かりの通りワイド画面です。しかし何度も言っていますが、ワイド画面ってノベルゲームには全く不向きだと私は思うんですが……。あえてワイドを選択するなら、ワイドならではの演出が一カ所でもあれば良かったのではないかなという気がします。

ツールはYU-RISです。プレイ時間は30分弱で選択肢はありません。ちょっと季節外れになってしまいましたが(もっと前にプレイはしていたんですが)、疲れがたまりやすいこの季節、こういう短時間でさくっと楽しめる恋愛作品はいかがでしょうか。
関連記事

Comments 0

Leave a reply