第361回/前略・僕の天使たち - スイートホーム(Count Sheep) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第361回/前略・僕の天使たち - スイートホーム(Count Sheep)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

スイートホーム

スイートホーム準推薦
■制作者/Count Sheep(ダウンロード
■容量/328MB

27才の主人公は、ある日祖母が経営するシェアハウスの管理人代理を頼まれる。祖母がしばらく入院する事になったためだ。そのシェアハウスに行ってみてびっくり、そこは女の子ばかり12人いる、女性専用シェアハウスだったのだ。多彩なヒロインとの気軽な恋愛が楽しめる物語。

ここが○

  • 多彩なヒロインとの多彩な恋愛物語。
  • さくさく進んでテンポが良い。
  • 綺麗な立ち絵と1枚絵。

ここが×

  • 最初は少し攻略が面倒かも。
  • キャラの名前が覚えにくい。
  • 恋愛ものとしては、少々薄味。

■前略・僕の天使たち

また凄い設定の作品が登場です。祖母の依頼でシェアハウスの代理管理人として行ってみたら、そこは女の子ばかり12人という(笑)。設定は、まんま「とらいあんぐるハート2」ですね。システムもあれと同様です。屋内で行き先をクリックし、行き先で女の子と出会って好感度を上げて、個別イベントで物語が進むという。もっとも「とらハ2」が1年間の、結構濃い人間模様を描いた物語だったのに対し、今作は期間も短いですし、かなりあっさり風味です。

上に書いたように、システムはいわゆるクリッカブルマップ形式。シェアハウス内には2階、3階、リビング、庭、屋根裏部屋、浴室の6か所移動出来ます。それが1週間に2回ですから、6×2で12人の女の子がどこかにいるという仕掛け。たまに1か所に2人の女の子がいて、そういう時は「ハズレ」の部屋がある事になります。

スイートホームで、移動先で女の子と出会ったら会話中の選択肢で好感度を上げていきます。この時、正しい選択肢を選んで好感度が上がれば、テキストウィンドウ右上にハートマークが出る(色でどの女の子の好感度が上がったかも分かる)ので、セーブさえしておけば選択肢で迷う事はないでしょう。個別イベントでも選択肢がありますが、こちらはマークが出たりはしません。個別イベントの選択肢が意外と引っ掛けが多いので、まめにセーブしておきましょう。

ただし、移動先選択時はどこに誰がいるかは全く分からないので、最初はちょっと大変かも知れません。ただ、何週目にどの部屋に誰がいるかは、ランダムではなく固定なので、最初にメモでも取ってしまえば2回目のプレイからが楽になります。「とらハ2」みたいに、どこに誰がいるかアイコンで表示でもされていればもっと楽だったのですが、これは作る側も大変な作業ですし、1回1回は短い作品でメモも大した労力ではないので、そっちで対処しましょう。ま、そこさえ面倒くさがらなければ、難易度は高くありません。

さて12人のキャラクターは、しっかり系あり、セクシー系あり、かわいい系あり、ボーイッシュ系あり、ポエマー系あり、占い系ありとよりどりみどり。どんな人のストライクゾーンもカバーできるはずです(笑)。12種類もシナリオがあるんですが、バラエティ豊かで色々な物語が楽しめます。1粒で12回おいしい、お徳な恋愛ノベルです。それぞれのシナリオは独立しており、相互に関連はありません。全部クリアする事で謎が明らかになったりもしません。

ただ、ゲーム内の期間が短い(1ヶ月ちょっと。ちなみにワンフェーズは1週間)ので、どうしても駆け足気味な点は否めません。またキャラが多すぎて、最初は何が何だか分からないと思います。多い上にキャラ名が分かりにくいので、とても覚えられないでしょう。全員クリアする頃には覚えていると思いますが。それと「シェアハウス」じゃ味気ないので、何か固有名詞つけてあげても良かったんじゃないでしょうか。「さざなみ寮」とか「ミルクハウス」とか(笑)。

さて、上述の「とらハ2」では住人同士にもドラマがあったんですが、この作品は基本的にお目当ての子とばかり接触するので、住人同士で何か物語が展開したりもしません(一部に、キャラ同士が友人だったりとそういう事はある)。登場人物を絞り込んで、ヒロイン達の間でもドラマが起こる、なんて風にしても面白かったかも知れませんが、この作品はあくまで「長く濃く」よりは、「短くマイルドに」を目指したのでしょうか。

この作品はイベントシーンのみヒロインが声つきです。元々はニコニコ生放送発祥の企画なんだそうです。という事は、各ヒロインの声はみんな生主さんなんでしょうね。ま、だからと言ってゲーム自体には何らニコ生の影響は認められませんが、このゲームを楽しんだら、今度は各ヒロイン役の皆さんの放送を聞きに行っても面白いかも知れません。

ツールはLive Maker。プレイ時間は2回目以降は(メモさえ取っていれば)20~30分。全部クリアして4時間くらいだと思います。重量感のある物語を楽しみたい人には不向きかも知れませんが、マルチシナリオでこれだけ手軽に読める作品もそうそうはありません。ちなみに私のクリア順は「吹雪→弥生→紫音→佳奈→ゆさ→琴歌→美優→つむぎ→蓮→遥→聖→葉月」です。クリア順でその人の趣味が分かるかも?(笑)
関連記事

Comments 0

Leave a reply