第380回/心の空は晴れていますか - ココロ、そらいろ。(mint wings) - 日常
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第380回/心の空は晴れていますか - ココロ、そらいろ。(mint wings)

日常
  • comment0
  • trackback-

ココロ、そらいろ。

ココロ、そらいろ。準推薦
■制作者/mint wings(ダウンロード
■容量/39.9MB

小学6年生の君島樹は、些細な理由から不登校になり、保健室登校を始めた。保健室には、樹と同じように、色々な原因で不登校になった子供達が。そんな彼らを見守る養護教諭の円と、樹たち不登校の子供達。色々な交流を通して成長していく。樹達のハートウォーミングノベル。

ここが○

  • 個性的で、だけどうるさくないキャラクター達。
  • 各話が短く、テンポよく読み進められる。
  • 各キャラクターのバランスよい絡み。

ここが×

  • 一部のキャラクターがちょっと中途半端。
  • 主人公の影が薄いような気がする。
  • 円のエピソードは、もう一つ踏み込みが欲しかった。

■心の空は晴れていますか

4月になってから今年初めての更新。こんなに更新の間が空いたのは久々ですね。今回は、小学生同士の物語。何だか、昔NHK教育でやっていた、子供向けの道徳番組(今でもやっているんだろうか?)を思い出させます。しかも舞台は保健室。登場する子供達はみんな色々な理由で不登校で、保健室登校。主要な登場人物は3人で、それに保健の先生である円(まどか)が絡んでくるという作りです。子供達が主人公の物語というと、「カスタードはあきもよう」がありましたね。あっちは正統派の恋愛ものでしたが、こちらはハートウォーミング全開の青春(というには早いか)物語です。

この作品は、「スキ×サヨナラ」「RIDDLE -piece of memory-」の作者さんの最新作です(それ以外にも、私がレビューしていないだけで色々作られてますが)。この作者さんは今作を持ってフリーノベル製作を終了されるとの事。今まで色々な作品を送り出してくださった事に感謝ですね。この作品は、作者さんの集大成という大げさな内容ではないのですが、見た目といいシナリオといい、よくまとまった暖かい内容の作品に仕上がっています。

ココロ、そらいろ。この作品は、作品内の時間で1年を過ごすので、長丁場になるかと思いきや、1ヶ月1話の分割方式で、しかも1話は5分かからないという短さなので、非常にさくさく読み進める事ができます。保健室登校を1年も続けてたら、勉強がとんでもない事になるんじゃないかというような気もしますが、そこはあえてつっこまない方向で(汗)。舞台はほとんど保健室の中だけですが、このテンポの良さもあって、単調さは感じさせません。

登場するのは、主人公の6年生樹と、絵が好きでクラスメイトから仲間はずれにされている5年生の柚子、頭がいい6年生の元成。シナリオとしては、取り立てて大きな事件は起きません。しかし、子供らしく素直な柚子、大人びているけど芯は温かい元成と、主人公らしく癖がない樹の組み合わせがよく、快適に読めます。

3人はみんな事情を抱えていて、保健室登校を続けています。主人公だけが最後まで保健室登校から卒業できないでいるのですが、そこでの樹の葛藤や、柚子と元成との友情、またそこを上手く締める養護教諭の円という4人の絡みがとても良く、読後感もいいですね。子供達が主人公の物語というのは、上手く書かないと読み手にストレスをかけかねないのですが(主人公の子供じみた考えについていけなくなるとか)、この作品はそこがとても上手く仕上がっています。

ただ、一部の要素はちょっと消化し切れていない感もあります。たとえば、柚子のお兄さんの話も、出て来ただけで終わってしまった感じですし、円と婚約者の話も単発ですので、少々物足りなく感じました。もちろん、円についてはラストでフォローはされていますが、この辺りももう少しふくらませてみれば、より面白くなったんじゃないかなあ、と。

あとは、主人公がちょっと影が薄いというか……。柚子と元成、円がそれだけ魅力的とも言えますが、保健室登校という問題から、最後まで脱出できないのが樹なので、そういう印象になってしまうのもやむを得ないかも知れません。しかし、ラストは主人公にもちゃんと見せ場がありますし、また柚子や元成に対しても樹は良い働きをしていますから、十分「主人公」していると言えます。

ともあれ、上にも書いたように、1話5分かからずさくさく読めますし、話ごとに入れ替わる視点変更も、とても効果的に作用しています。ラストへの流れや、最後のイベントもとても盛り上がって感動的。「子供の友情っていいなあ」と思わされました。オチに来る円のエピソードも印象的です。だからこそ、途中の単発でなく、もう一繋ぎがあればなあ、と思わなくもないのですが(汗)。

ともあれ、プレイ時間も適度で絵も可愛く、読んだ後は心がぽかぽか温まります。ツールはNScripterで、プレイ時間は1時間弱。選択肢はありません。「長編読んでる時間ない。小一時間で疲れた心を癒したいなあ」という方に、お勧めします。
関連記事

Comments 0

Leave a reply