第400回/7つ目の星は、あなたです - ななつぼし(デジタルノベル普及の会) - オムニバス・その他
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第400回/7つ目の星は、あなたです - ななつぼし(デジタルノベル普及の会)

オムニバス・その他
  • comment0
  • trackback-

ななつぼし

ななつぼし準推薦
■制作者/デジタルノベル普及の会(ダウンロード
■ジャンル/ストリーミング生放送ノベル
■プレイ時間/6時間

大学生の星井茂樹は、行きつけのコンビニエンスストアで働いている女性、「小林さん」が気になっていた。しかし恋愛経験ゼロの茂樹には、何もすることが出来ない。ある日、いつも聞いているインターネット生放送でその事を取り上げられ、次回の放送までに名前を聞いてくるというミッションを与えられた。6人の作者が送る合作ノベル。

ここが○

  • 何と言っても、一粒で六度美味しい。美味しくなかったらごめんなさい。
  • バラエティに富んで、重なったところがない6本のシナリオ。
  • 綺麗で表情がはっきりした立ち絵。

ここが×

  • 既読スキップがあまり早くない。
  • エフェクトがちょっと遅く、リズムを損なっている。
  • 一部の立ち絵に違和感が。

■7つ目の星は、あなたです

とうとうレビューも400本目に到達しました。400回目を何にしようかと悩みましたが、300本目は「エイトストーリーズ」でしたし、これしかないでしょう(笑)。合作ノベル「ななつぼし」のご紹介です。ちなみにこの作品は、Vectorレビューでも取り上げられました。なんだか米のブランドのようなタイトルですが、当時はこの名前のお米を、みんな知らなかったのです。なお、タイトルで流れるテーマ曲は、私が作曲しました。

そして共通ルートも私が書いています。一度、ストリーミング生放送をテーマにした作品を書いてみたかったのです。それに、テーマをそれにすると、例えば生主「みる」の正体が誰なのかなどについても各ライターが好きに決められますし、合作向きなのではないかと思ったのですね。

ななつぼしその思惑通り(?)、6つのシナリオは方向性も様々な上、文体や表現も全く違います(当然ですけど)。ヒロインである小林さんの名前から、生主である「みる」の正体、さらに分岐後の主人公が誰かすら各シナリオで異なっており、「エイトストーリーズ」に負けず劣らずというか、あれ以上に各シナリオはバラエティに富んだ内容となっています。

「日常と非日常の境目は」は、この中では一番オーソドックスなシナリオ。それでも途中で小林さんのコンビニに強盗が入ってくるなど、緊迫感のある展開で、最後には一捻りもあります。小林さんのキャラの変わりようが面白いです。「キャンヴァス国物語」は、何故か茂樹がいきなりファンタジー世界に飛ばされるという、なかなかぶっ飛んだお話。ラストに含みを持たせているのが上手い作りです。

「復讐の遺伝子」は、少しSFめいたところもあるサスペンスドラマ。終わり方がアレですが、6本の中に1本くらいこういう作品があってもいいでしょう。「知的的な人生も良いと思います」(略称)は、恋愛ではなく友情ドラマ。涼気のキャラクターが面白いですし、冒頭の大学教室でのやり取りを伏線として利用しているのが上手いです。ラストも綺麗なハッピーエンドで読後感も良好。この中では私が一押しのシナリオです。

「ラブ・ライブ・エンコーダー」は、私が書きました。このシナリオでは、生主の「みる」が主人公です。小林さんの扱いがちょっと安直だったなと反省しているのと、「エイトストーリーズ」の「恋はメビウス」シナリオと、ちょっと重なるところがあるのが何ですが(笑)、一応それなりにはまとまった内容だと思います。そして「みえないみる」は、「みる」が実は茂樹の妹だったという、不思議系のお話。このシナリオが選択順では一番下なのですが、不思議で余韻のある読後感の物語で、順番通り最後に読む事をお勧めします。

難点ですが、ツールの問題か少し操作性が良くないところがあります。全体に動作が遅く、アイコンをクリックしてゲームが始まるまでに結構かかります。それに既読スキップが遅いですし、エフェクトも遅く、少しストレスになる箇所もあります。また、合作にはありがちな事ですが、小林さんやみる、茂樹のキャラクターが各シナリオで微妙に(全然?)異なっており、違和感があるところも。もっとも、それも合作の醍醐味と言えますが。

また、立ち絵をメインの絵師さんが書いたのは小林さんとみるだけなので、一部キャラ(涼気とか、春深とか)の立ち絵には違和感があります。これも仕方ない事でもありますし、それも含めて楽しむのが合作なのかも知れません。メインの立ち絵は、表情も豊かでとても良くできていると思います。

ツールは、Wolf RPGエディターをベースに作られた「デジノベ君V」。全体に少し動作が重いところはありますが、読み進めるのに問題はありません。選択肢は共通ルート終了後のシナリオ選択画面のみで、プレイ時間は共通ルートが20分、各シナリオは平均1時間というところ。シナリオが6本ありますし、各シナリオはファンタジー、サスペンスから王道恋愛、不思議系まで色々なので、1本はヒットするのがあるはずです。「エイトストーリーズ」が気に入った方も未プレイの方も、この作品で是非再び合作ノベルの面白さを味わってみてください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply