第405回/ひとり戦う、ひとりでも護る - ごちゃまぜヒーロー(がっかり亭) - アクション・ドラマ
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第405回/ひとり戦う、ひとりでも護る - ごちゃまぜヒーロー(がっかり亭)

アクション・ドラマ
  • comment0
  • trackback-

ごちゃまぜヒーロー

ごちゃまぜヒーロー準推薦
■制作者/がっかり亭(ダウンロード
■ジャンル/三大ヒーロー体験ノベル
■プレイ時間/1時間

主人公赤井潮は、しがない一般人……のはずが、3つのヒーローの力を無理やり得させられ、ヒーローとしての三重生活を送る羽目になってしまった。正体を明かせない苦悩、組織同士の確執、そして現れる最強の敵。特撮ものが好きなら文句なく楽しめるドタバタアクション。

ここが○

  • テンポがよく、文章も読みやすい。
  • 漫画のように多彩な1枚絵。
  • 後半の熱い展開。

ここが×

  • キャラクターにもう少し深みのある描写が欲しかった。
  • 操作性がいまいち。
  • オチの付け方がちょっと残念。

■ひとり戦う、ひとりでも護る

フリーノベルゲームの世界には、時々もの凄く個性的な作品を作る作者さんがいらっしゃいますが、この作品の作者さんが、まさにそう。「無理やり主人公」「ネームテイカー」の作者さんです。今作でも、前2作同様の、マンガチックな展開は健在ですが、今作はより個性がはっきりしています。

というのも、テーマが特撮ヒーローものなのです。主人公の赤井潮は、ひょんなことから、巨大ヒーロー・ギガントマン、変身ヒーロー・仮面ホッパー、戦隊ヒーロー・ゴリュウジャーの能力を全部手に入れてしまいます。もちろん、正体は秘密ですし、例えば仮面ホッパーの敵には、ゴリュウジャーでは戦えません。3つのヒーローの力があるため、主人公はとんでもなく強いのですが、この縛りがあるため、主人公が強すぎても展開がだれない辺り、上手い作りです。

ごちゃまぜヒーローまた、序盤こそコメディのような出だしなのですが、中盤からは主人公がヒーローとして抱える苦悩が描かれ、シリアスなところも見せる内容となっています。アクションシーンの書き方もテンポがよく、実に楽しく読むことができるでしょう。

終盤は、絶対に勝てないと思われる最強の敵が相手となります。この敵の復活方法にも伏線が効いており、非常に上手い展開です。また、ゴリュウジャーの仲間たちから裏切り者と思われながらも、絶対勝てない状況の中から活路を見出し、最後の戦いにみんなで挑む様子は、非常に熱い展開です。ヒーローものに特に思い入れがなくても、血が滾るでしょう。

アクションシーンだけでなく、このラストシーンはゴリュウジャーの仲間たちとの描写も見ものですし、仮面ホッパー1号とのやり取りも必見です。尺の割に登場人物がやたらと多いのですが、それでも各キャラが埋没せず、万遍なく活躍している辺り、この作者さんのキャラクター描写の巧さを感じさせます。

ただ、流石にゴリュウジャーの五人組の描写が少し薄く、ここをもう少し時間をかけて描写してくれていれば、と思いましたが、そうすると3つのヒーローを盛り込んだ作りのバランスが崩れかねません。この物語は、3つのヒーローの物語がバランスよくごちゃまぜになっているのがいいところですから、戦隊だけに重点を置くよりも、これくらいがちょうどよかったのかも知れませんね。

立ち絵や1枚絵も豊富で、目でも楽しめます。特に1枚絵は、ヒーローらしい構図や漫画風の演出の絵が大量にあり、雰囲気を非常に高めてくれています。ただ、音楽がMIDIで、一部の曲でMIDIの設定の問題か、ドラムの音がピアノに化けていたりします。MP3なら問題なかったはずですから、ここは少し残念です。

また、終わり方は何というか……(笑)。「ちゃんちゃん」みたいなエンディングで、ちょっとずっこけました。もちろんこれはこれで、作品の世界観にはあったラストなのかも知れませんが、せっかくあそこまで感動的に盛り上がったのですから、綺麗に終わって欲しかったというのは、贅沢なリクエストでしょうか。

ツールはYuuki! Novel。正直言って、再びこのツールを目にするとは思っていませんでしたので、懐かしさのあまり感動しました(笑)。ただし、操作性のいまいちさはもちろん保証付きですので、お世辞にもプレイしやすくはありません。まあ、選択肢でとても分かりやすくバッドエンドに分岐するので、そこまでストレスも感じないでしょう。バッドエンドの中には、ちょっとニヤリとさせられるものもあるので、是非バッドエンドもきちんと見てください。

プレイ時間は1時間くらい。バッドエンドが2つとトゥルーエンドです。ウルトラマンや仮面ライダー、戦隊ものと言った元ネタを知らなくても、非常に熱いアクションノベルが楽しめますし、知っていればなお楽しめますよ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply