第43回/ある日パパと2人で - Green growth(Project Lips) - ファンタジー
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第43回/ある日パパと2人で - Green growth(Project Lips)

ファンタジー
  • comment0
  • trackback-

Green growth

Green growth準推薦
■制作者/Project Lips(ダウンロード
■容量/27.7MB

フェリアタウンに住む8歳の少年天乃光志。両親をとても尊敬している彼は、早く大人になりたいといつも願っている純粋な少年だった。ある日、暗い森の奥で迷った光志は、なんと妖精たちの村に迷い込んでしまった。少年の小さな冒険と成長を描いた、ファンタジーノベル。

ここが○

  • 丁寧なシステム周り。
  • グラフィックスがとても美しい。キャラ絵、イベントCG、タイトルロゴなど、全般にハイレベル。
  • 心温まるシナリオ。また演出がとても上手くシナリオをもり立てている。

ここが×

  • 素材を利用した背景に、少々不統一感あり。
  • 安直なバッドエンド直行選択肢がちょっと気になる。
  • メインルートのラストは、ちと蛇足っぽく感じた。

■ある日パパと2人で

久々のレビューです。Vector新作は一通りチェックしてるんですが、どうも「女性向け」「BL(ボーイズラブの略)」ばかりが多くて辟易。今回ご紹介の「Green growth」の主人公は可愛い8歳の少年ですが、もちろん女性向けなんて事はなく(笑)、誰でも楽しめると思います。

この作品は、「Twinkle little star」の作者さんの手による新作です。前作は、作りの丁寧さと整った文章が光る佳作でした。この作品の制作は作者さんのページで知ってまして、結構期待していましたので、公開後、即ダウンロードしてプレイしてみました。

ジャンルは、ライトファンタジーと言ったところ。エルフだの魔法だのドワーフだの、そう言ったファンタジー系の単語が頻出しますが、それらはあくまで話の味付け程度に使われているだけなので、ファンタジーが苦手な人でもさくさく読めると思います。8歳の主人公の一人称で書かれた文章は、ところどころ「ちょっと子供らしくないんじゃないかな?」と思う点もありましたが、十分にレベルが高くかつ読みやすく、さすがに書き慣れている印象。システム周りも、サムネイル画像つきのセーブやクイックセーブ、クイックロードなど前作以上に丁寧に作り込まれており、ストレスなくプレイできました。

さて、今作のテーマは「少年の成長」です。ネタ的にはさほど斬新なものではなく、ラストの展開も予想の範囲内でしたが、今作はとても演出が上手いなあと感心させられました。なのでラスト手前のシーンも、結構じーんと感じさせてくれるものがありました。これはひとえに作者さんの演出の賜物でしょうね。フリー素材を使った音楽も、ファンタジックな曲ばかりで、選曲も上々だと思います。

そしてグラフィックスは、特にキャラの立ち絵が目をひきました。あまりイラストっぽくなく、絵画調のとても魅力のある絵です。デッサンがどうとか細かい事を言えば色々あるんでしょうけど、私は個人的にとても好きな絵柄でした。イベントグラフィックスも同じく絵画調の素敵な絵ばかりで、このキャラ絵&イベントCGは大成功だと思います。

反面背景画像は、それ自体の完成度はともかく、一部不統一感があるところが気になりました。題材がファンタジーだけに、背景画像を揃えるのもなかなか苦しいところでしょうが……。そして他に難点と感じたのは、一部のバッドエンド直行選択肢。「弟切草」タイプのサウンドノベルならともかく、こう言うシナリオ優先のノベルでバッドエンドに直行されると少々萎えてしまいます。ここはちょっと残念なところ。

そして、シナリオ自体は良いのですが、メインシナリオのラストは少々蛇足に感じてしまいました。ラスト手前のシーンのままスタッフロールに入った方が余韻があって良かったんじゃないかなあ、などと。あるいはエンディングの後の後日談としてラストシーンを付けるとか……。せっかく良いお話を読んだのに、最後に急に現実世界に引き戻された気がして、ちょっと惜しいなあと感じました。

全体には非常に丁寧に作られた良作で、プレイヤーを選ばずに楽しめる作品だと思います。この作品が気に入ったなら、前作「Twinkle little star」も合わせてプレイしてみるのも宜しいんじゃないでしょうか。
関連記事

Comments 0

Leave a reply