第452回/未来の確率、10% - 10%と少しの幸せ(やの) - シリアス・感動系
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第452回/未来の確率、10% - 10%と少しの幸せ(やの)

シリアス・感動系
  • comment0
  • trackback-

10%と少しの幸せ

10%と少しの幸せ■制作者/やの(ダウンロード
■ジャンル/屋上での出会いと別れノベル
■プレイ時間/20分

ある大会社に就職した逢坂雪は、会社内である噂を耳にした。噂の対象は、同じ会社の社員、桐生咲波の事。ある日屋上でその咲波と出会った雪は、思い切って彼女に声をかけてみた。それから少しずつ心を開く咲波。咲波は実は不治の病で残り少ない命だったのだ。雪の究極の選択とは。シリアスながら軽く読める短編物語。

ここが○

  • 同タイプの話とは、ちょっと違う方向から攻めている。
  • 読みやすくすっきりした文章。
  • シンプルで分かりやすい展開。

ここが×

  • シンプル過ぎて捻りがない展開。
  • 雪と咲波が簡単に仲良くなり過ぎでは。
  • 4つ目のエンディングをどうしても見ることができない。

■未来の確率、10%

ノベルゲームではお馴染みの「不治の病もの」のご紹介です。不治の病ものではありますが、病院が舞台ではないので病院ものではありませんし、闘病ものでもないですね。不治の病のヒロインとの交流ものとでも言いますか。その分、ちょっと面白い切り口から作られた物語です。最近の作品ですと「世界で一番悲しい笑顔」と、少し近いところがある作品です。

主人公の逢坂雪は、とある大企業の新入社員。彼が、車内で噂になっていた女性、桐生咲波と屋上で出会うところから、お話が始まります。屋上での出会いは定番ですね。そして、最初はつっけんどんな態度をとっていた咲波と、だんだん仲良くなっていきます。この作品、文章の飾りっ気はあまりないのですが、その分読みやすくすっきりしているのは好印象です。この手の話で、描写がごてごてしていると疲れてしまいますからね。

10%と少しの幸せそのまま、雪と咲波の交流シーンだけが続き、単なる日常ものかと思ったところに、「究極の選択」がやってきます。ただこの作品の根本を支える設定に、ちょっと説得力が欠けるのが気にかかりました。いくらなんでも、そんな条件の治験をやったら、大問題になるような気がするのですが。治療成績を飛躍的に改善するはずの薬なのに、成功率が1割しかないというのも、ちょっと謎です。

そんな訳で、その辺りの設定はちょっと気になるのですが、一般の不治の病ものとは少し違う方向性から攻めてきたというのは、なかなか目の付け所が面白いなと感じさせられました。エンディングが3つあり、選択肢の結果どうしてそうなるかはよく分からないのですが、どのエンディングも余韻があり、想像の余地を感じさせてくれる終わり方で良かったと思います。

ただ、作者さんの説明によると、4つ目のエンディングがあるらしいのですが、それをどうしても見ることができません。実は1回だけ、タイトル画面で「はじめから」「つづきから」に加えて、「HAPPY」という選択肢が現れた事があったのですが、その時「つづきから」を選んでセーブ箇所から再開したら、二度と「HAPPY」が現れる事はありませんでした。一度削除して再ダウンロードして、最初から何度も試したのですが、駄目でした。選択肢も一箇所しかないので、検討の余地もありません。

なので、4つ目のエンディングを見ていない状態でのレビューである事を、ご了承ください(もし4つ目のエンディングを見る条件をご存知の方は、是非教えてください!)。まあ、3つのエンディングだけでも、作品としてはまとまっていますし、このままでもありかな、とは思います。多分、1つ目のエンディングの後日談、みたいな感じなのではないかと想像しているのですが……。

シンプルで分かりやすい展開の物語で読みやすいのですが、雪と咲波があまりにも急激に仲良くなりすぎているのは、ちょっと気になりました。短編ですからそこまで時間をかけての描写はできなかったのでしょうけど、もうワンクッション、何かイベントを入れてあげるだけでも、大分印象が違ったのでは。

あと、メインで流れる音楽が、わずか4小節を延々と繰り返すので、プレイしているとだんだん飽きを感じてしまいました。メインBGMにはもう一工夫があっても良かったかも知れません。もう一つ、背景画像が妙に縦に潰れた感じなのが少し気になりました。前にも書きましたが、文章だけの作品でワイド(そう極端なワイドではないですが)だと、やはり読み辛く感じます。

ツールはティラノスクリプトです。プレイ時間は20分くらいでしょう。選択肢は1ヶ所だけで、そこでの選択により3種類のエンディングに分岐します。どのエンディングも、寂しいながら味わいがあり、短いながらなかなか良好な読後感の作品です。小品ですので、少しシリアスな物語を読んでみたい方は、気軽にプレイしてみてください。そして、4つ目のエンディング条件が分かった方は、是非私に教えてください(笑)。
関連記事

Comments 0

Leave a reply