第455回/変わるからこそ、輝くものもある - Hybrid custom doll(冬紀) - SF
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第455回/変わるからこそ、輝くものもある - Hybrid custom doll(冬紀)

SF
  • comment0
  • trackback-

Hybrid custom doll

Hybrid custom doll準推薦
■制作者/冬紀(ダウンロード
■ジャンル/ロボット親友メーカーノベル
■プレイ時間/1時間10分

母親と死別し、父親とも滅多に顔を合わせない女子高生の相葉柚子は、人間との関わりを極端に嫌っていた。そんな彼女が、ある日ハイブリッドドールのモニターに当選する。柚子は自分の理想の友人を作ろうと思い立ち、アンドロイド夏菜が誕生した。夏菜との楽しいを送る柚子の前に、新たなアンドロイドが現れる。人との繋がりを描いたSF学園物語。

ここが○

  • 個性豊かなキャラクター達。
  • 中盤の驚くイベントから後半への展開。
  • 伏線の巧さ、それがきちんと解決し前向きですっきりしたラスト。

ここが×

  • あまりにも後ろ向きすぎる序盤の主人公。
  • 横長な上フォントが妙に小さく読みにくい。
  • バックログがあまりにも見にくすぎる。

■変わるからこそ、輝くものもある

ロボットものというか、アンドロイドものって時々出てきますね。一番最近レビューしたものだと、「琥珀の意味」でしょうか。アンドロイドものって、結構闇の大きな力と対峙する事になる作品も多いですが、この作品も類に漏れません。基本は学園ものなんですが、中盤以降に意外な事実が判明してからは、だんだん話が大きくなっていきます。

主人公の女子高生柚子は、強度の人間不信。「人間の心なんて所詮変わるものだから、人とは関わらない」なんて事を言った時は、「大丈夫かこの子」と思ってしまいました。そしてそんな彼女が、ハイブリッドドール(アンドロイド)のモニターに当選し、自分に忠実で決して心変わりしない友人を手に入れるべく、ハイブリッドドールの設定に1年かけて取り組む、と、出だしはこんな感じです。

Hybrid custom dollそしてしばらくは柚子と夏菜の他愛のない日常シーンが描かれます。夏菜との交流の中で、今までクラスメイトと全く関わろうとしなかった柚子が少し変わる辺りは、「おっ」と思わされました。そして、柚子のクラスに転入生である土屋秋と、足が悪い秋の介護用アンドロイドである千紘が現れ、物語が動き始めます。

もちろん秋と千尋には秘密が隠されているのですが、この秘密の隠し方がなかなか上手いです。ふんだんに伏線を張っているのですが、それらが全部絡み合っており、後半それがだんだん解けている様が心地良いです。そして柚子の父の過去の話なども巻き込みながら、中盤にとんでもないイベントを迎えます。この中盤のイベントは、全く予想もしていなかったので「えええ、そういう展開しちゃうの!?」と、本当に驚きました。

後半も、だれる事なく新しい事実が明らかになったりして、ぐいぐいと読ませてくれます。そしてラストは綺麗なハッピーエンド。序盤の柚子を見ていたら色々と心配になるレベルなのですが(汗)、柚子が変わっていく様子、生身の人間と少しずつ向き合ってラストを迎える展開が、読んでいて気持ちいいです。この展開バランスの良さは、特筆ものだと思います。

何より、アンドロイドである夏菜との交流で、少しずつ柚子が明るくなっていき、更に、夏菜との交流を通して、柚子が相手が人間かアンドロイドを問わずに、他者と関わる時に一番大切な事に気付く、その過程が素敵です。柚子の成長と、物語の進行がとても上手くシンクロしています。1時間ちょっとの物語ですが、プレイ時間以上にボリューム感を感じさせてくれる内容です。

キャラクターの数は多くはないのですが、柚子はもちろん、夏菜、秋、千紘のメインキャラクターがみんな魅力的で、それぞれにしっかり見せ場があります。「ロボットである」事を上手く利用したシナリオってあまり見ないのですが、この作品はそこを最大限上手く活用した上で、人間同士のドラマもとてもよく描けていました。

難点ですが、画面がワイドでテキストウィンドウも横長なのに、フォントが妙に小さくて読み辛いです(ティラノの作品には何だかそういう作品ばかりという気がします……)。それと、バックログのあまりの見にくさには閉口しました。特に、下の数行は読むのが苦痛になるレベルです。背景の色やサイズ、フォントの設定で容易に解消できるレベルだと思うのですが、ここはもうちょっと何とかならなかったものでしょうか。

実はこの作品における最大の謎には、途中で薄々気付いてしまったのですが、それを除いても、伏線の張り方や謎の盛り込み方の巧さは特筆もので、物語を作る側でも参考になる点が多々あると思います。SF的な面白さはもちろんですが、学園ものとしてもとても楽しめる一品です。

ツールはティラノスクリプト。ティラノのプレイしにくさ、起動の遅さはいつもの事です(笑)。選択肢により4つのエンディングに分岐しますが、選択肢を間違えると割とすぐにバッドエンド直行ですから、難しくありません。プレイ時間は全部読んで1時間強というところです。見た目の派手さはあまりないのですが、よく出来たシナリオの作品です。お楽しみください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply