第469回/アイドルはやめられない - 地下アイドルやめますか完成版(児玉守) - 日常
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第469回/アイドルはやめられない - 地下アイドルやめますか完成版(児玉守)

日常
  • comment0
  • trackback-

地下アイドルやめますか完成版

地下アイドルやめますか完成版準推薦
■制作者/児玉守(ダウンロード
■ジャンル/地下アイドル成り上がりノベル
■プレイ時間/20分

20代後半で地下アイドルグループ「ねこっぽ」のメンバーである亜蒼奈乃は、忙しく貧しいながらも充実した生活を送っていた。そんな奈乃の熱心なファンである刈崎が、ある日奈乃のバイト先である弁当屋にやって来た。不安になる奈乃。やがて暗礁に乗り上げる「ねこっぽ」の活動。奈乃達ねこっぽは、果たして夢の舞台に立てるのか。

ここが○

  • 短いが、波乱万丈な物語。
  • とにかくテンポがいい。
  • どんどんスケールが大きくなるサクセスストーリー。

ここが×

  • 描写が淡白に過ぎる。
  • なのでキャラクターの魅力がいまいち伝わって来ない。
  • 曲が全然なく、せっかくいいシーンなのに盛り上がらない場面多数。

■アイドルはやめられない

アイドルをテーマにした作品ってあまり見ませんが、この作品の主人公は「地下アイドル」。「アキバクロニクル」に、地下アイドルが登場しましたね。普通のアイドルとは違う、普通の女の子っぽさが魅力なんでしょうか。今作は「靖国にゆく亡霊」の作者さんによる作品です。今作は渋くて硬派な「靖国」とは全く違う作風で、そこにまず驚いてしまいました。

この作品の評価には、かなり迷いました。心情描写があまりに淡白で、キャラクターの心情が伝わって来にくい上に(特にサブキャラ)、状況描写もほとんどないので、ぶっ飛ばすような快速で進んでいき、ちょっとした緩い流れを楽しむ余裕もありません。もちろんそれは、独特のテンポの良さも生んでいますが、あまりに展開が早いので、唐突感を感じるところもありました。

地下アイドルやめますか完成版しかし、ストーリー自体はとても面白くできています。最初は他愛のない日常話かと思いきや、ライバルのアイドルグループとのごたごたや色々な確執も絡めて話が進んでいき、どんどん話が大きくなり、しまいには……。サクセスストーリーとしてとても良くできており、後半に行くに従って加速度的に盛り上がる作りは見事です。その展開の面白さをに敬意を表して、「準推薦」でのご紹介です。

キャラクターは、主人公の奈乃と、奈乃の追っかけ(?)である刈崎、それに「ねこっぽ」の仲間である理沙子が主な登場人物です。それ以外にも登場人物はいますが、上にも書いたように心情描写がどうにも希薄で、印象に残りにくいところがあります。美優とか千佳とか理沙子とか、上手く描けばかなり魅力的なキャラクターになったと思うのですが。

そして奈乃も主人公として確固たる意思があって行動しているようには見えないため、なんだか終始展開に引っ張られてどたばたやっている感じに見えてしまいます。一生懸命で真面目ないい女性ではあるのですが、もう少し、奈乃自身に地下アイドルとしてのプライド、みたいなものを持たせても良かったのではないでしょうか。

また、奈乃と刈崎との恋愛模様も描かれるのですが、キャラクター描写が少ないため、ここにも若干の唐突感を感じます。刈崎自身はとてもいい奴なのですし、ここももうちょっと深く描写してみれば、より内容が深くなったかも知れません。キャラクター設定自体は魅力的なのですから、もう少し深みが欲しかったところです。そうすると展開にももっと厚みが出て来たはずです。

後半の展開は、一本調子で一気に成功まで駆け上がる訳ではなく、いい感じに紆余曲折があります。ほどよく落とし、その後で上がるという正攻法が、非常に効果を上げています。動画を使った戦略も今風ですね。奈乃と刈崎の恋愛模様が、単なるおまけ程度かと思いきや、実は展開の大事なところに絡んでおり、そこから意外な事件が起こった後は、一気に上昇カーブを描いていく様子が痛快です。たった20分の短編なのですが、とにかく色々な事件が盛り込まれており、プレイ時間以上の満足感を感じました。

ただ、この作品にはほとんどBGMがありません。無音のシーンが非常に多く、曲も2曲くらいしかないので、せっかくのいい場面なのに、いまいち盛り上がらなかったりするのが残念です。もう少し音の演出に凝ってみても良かったのではないでしょうか(地下アイドルがテーマなんですし)。やはりBGMって大事です。

ツールは吉里吉里です。ティラノの後に吉里吉里の作品を読むと、プレイのしやすさに感動します(笑)。選択肢のない一本道の物語。描写には大味なところもあるのですが、展開の起伏の作り方が上手く、短いながらとても楽しめる物語です。少しの時間で、波乱万丈なサクセスストーリーを読んでみたい方は、是非どうぞ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply