第484回/恋は盲目、恋は病的 - 白いコートの女(crucicrusiks) - ミステリー・サスペンス
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第484回/恋は盲目、恋は病的 - 白いコートの女(crucicrusiks)

ミステリー・サスペンス
  • comment0
  • trackback-

白いコートの女

白いコートの女準推薦
■制作者/crucicrusiks(ダウンロード
■ジャンル/別れた恋人追跡ノベル
■プレイ時間/20分

辻祐一は、恋人である里美と別れたばかりの大学院生。失意の日々を送っていた祐一は、ある日街で里美に送ったのとそっくりな白いコートを着た女性を見かける。その女性にコンタクトをとる事に成功した祐一だが、しかしその女性は名前も里美で同じなのに、祐一の事を覚えていないという。叙述トリックが光る短編サスペンス。

ここが○

  • しっかりした文章。
  • 短いながらも、緊迫感のある展開。
  • 読者の予想外から食らわせられるラスト。

ここが×

  • マウスホイールの下回転で文章を送れない。
  • なんとバックログを見ることができない。
  • 人によっては後味が悪く感じるかも知れないラスト。

■恋は盲目、恋は病的

Peing質問箱を設置し他ところ、早速色々な作品のお勧めをいただいており、大変感謝です。匿名で気軽にメッセージを送れるというのがいいのかも知れませんね。お勧めいただいた作品は、必ず全てプレイしますので(作者さんの自薦でない場合、必ずしも全部レビューするとは限らないのですが)、少々お待ちください。

この作品も、質問箱にてお勧めをいただきました。短編のサスペンスノベルという、なかなか珍しいジャンルの作品です。そして立ち絵はなく、時々影絵が表示されるだけ。見た目は地味なんですが、サスペンス作品って、こういう地味な演出の方が向いている気がします。

白いコートの女主人公の祐一は大学院生。つい最近里美という、公務員の恋人と別れたばかりで、失意の日々を送っています。そんな彼が、街で里美にプレゼントしたのとそっくりな白いコートを着ている女性を見かけ、彼女の事を追いかける。そういう出だしです。序盤は何の変哲も無い展開ですが、出会った里美そっくりの女性は、祐一の事を全く覚えていないと言います。記憶喪失を疑う祐一。

サスペンスらしく、しっかりした文章で綴られており、読み応えもあります。描写が詳しく、立ち絵がないので想像力も掻き立てられます。一画面に表示される文字は多めなのですが、改行ピッチが適正で、読みにくさは感じません。この手のサスペンスやミステリーでは、やたら改行させるより、描写を詳しくし、一画面から得られる情報を多めにしておいた方がいいと思いますから、この作りは正解だと思います。

そしてラストに予想もしていないところから来る衝撃。これにはかなり驚かされました。巧妙な叙述トリックです。こんな短い作品で、ラストにこれほど強烈なオチを持って来るというのは、なかなかできるものではありません。ラストに驚かされる短編作品という意味では、歴代プレイした作品の中でも、かなり上位に来ると思います。

ただ、前半から巧妙に伏線を張り巡らせ、再読した時に叙述の巧みさに唸る、というタイプの作りではありません。あくまで一度読んで、ラストの衝撃を味わうというのが、この作品の味わい方だと思います。それでも、オチを知って読むと、前半もなかなか背筋が寒くなるような物語です。短いですから、二度読んでみると、違った楽しみ方ができるかも知れません。

難点ですが、マウスホイール下回転でのテキスト送りができません。まあそれならマウスボタンをクリックすればいいだけなのですが(短編ですからそこまで苦にはならないでしょう)、ただなんとこの作品、テキストの読み返し(バックログ)が使えないのです。作品スタイルからして、文章はよく味わいたいタイプですし、「あれ、今の記述は?」と思う事も二、三度ありました。この手の作品で読み返しができないのは、物凄いデメリットだと思うのですが、どうしてこんな作りなのでしょう……。

それと、ラストは確かに驚かされますが、後味がいいとは言えない終わり方ですので、人によっては嫌悪感を覚えるかも知れません。ラストに明かされる真実と、その描写は(生々しい表現こそないものの)、ちょっとえぐいですし。まあ、気にするほどでもないかも知れませんし、ある意味では「後味がいいラスト」とも言えますので、(ハッピーエンド至上主義者である)私も、そこまで気にはなりませんでした。

ツールはティラノスクリプトです。バックログが読めない謎仕様にはちょっと首を傾げますが、それ以外にはプレイし辛いところはありません。選択肢のない一本道で、プレイ時間は20分くらいでしょう。あまり飛ばして読まず、じっくりと読んでみる事をお勧めします。じっくり読めば読むほど、ラストの衝撃が大きくなるはずです。
関連記事

Comments 0

Leave a reply