第526回/この出会い、確率100% - あなたのお家に行ってもいいですか?(H.K) - アクション・ドラマ
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第526回/この出会い、確率100% - あなたのお家に行ってもいいですか?(H.K)

アクション・ドラマ
  • comment0
  • trackback-

あなたのお家に行ってもいいですか?

あなたのお家に行ってもいいですか?推薦
■制作者/H.K(ダウンロード
■ジャンル/恋活パーティサスペンスノベル
■プレイ時間/30分

学歴は優秀なものの、引っ込み思案な性格が災いして年齢=彼女いない歴の山中。ある日、友人の田中の誘いで恋活パーティに参加する事になった。そこで出会った魅力的な女性杉浦美晴と見事マッチングに成功。そして山中と美晴は連れ立って食事に行くのだが、美晴はいきなり「あなたの家に行きたい」と言い出した。短編ながら見事な作りと意外な展開の物語。

ここが○

  • 短いのに、伏線が繋がる様子が見事。
  • まるでドラマを見ているかのような緊迫感。
  • 心地よい読後感のラスト。

ここが×

  • バックログが使えないのが非常に不便。
  • 見た目はかなり地味。
  • 一行に表示される字数が多い気が。

■この出会い、確率100%

つい最近「鬼のうた」のレビューで、「30分以内の超短編で『推薦』が出る事はないだろう」なんて書いたのですが、わずかの間にまたも超短編での推薦作の登場です。この作品は、自力で発掘(?)してきたのですが、実にお見事な作品で非常に感銘を受けました。その面白さの割に、コメントもほとんどついておらず、これは是非ご紹介して広めねば、と思った次第です。

この作品、見た目は大変地味です。タイトル画面こそ、綺麗なロングヘアのお姉さんのイラストが出てくるのですが、プレイ中は立ち絵は一切ありません。タイトル画面のお姉さんが出てくる事を期待していると、拍子抜けしてしまうかも知れません(笑)。画面写真だけだと、見落としてしまっても仕方ないでしょう。しかし、中身は大変よく出来ており、プレイ時間2時間の作品に比べても、満足度、満腹感はおさおさ劣るものではありません。

あなたのお家に行ってもいいですか?主人公は大学院生の山中。女性経験ゼロの彼が、友人の田中に誘われ、恋活パーティに参加するところから物語が始まります。沢山の女性のうち、最後に会話した杉浦美晴に惹かれた山中は、タブレット端末での相手選びで、駄目で元々と美晴を選びますが、何と見事マッチングが成立。マッチング不成立でぼやく田中を尻目に、山中と美晴は2人で街に出る事になります。その上、美晴はいきなり「あなたの家に行きたい」と言い出します。これはいきなり超展開なのか、と焦る山中。

という序盤だけを見ると、普通の恋愛物語っぽいと思われるでしょう。が、この作品は恋愛の皮を被ったサスペンス風ドラマなのです。その証拠に、開始してすぐに出てくる選択肢を間違うと、あっという間にゲームオーバーになります(笑)。最初はこのゲームオーバーの意味が分からず、「??」となりました(最後まで読めば、ちゃんと意味が分かるようになっているのですが)。

短編でもある事で、物語は中盤から一気に動き始めます。が、「変に飛ばしている」感が全くないところに、作者さんがかなり物語を作り慣れている事をうかがわせます(もし物語を初めて書いた結果この作品が出来上がったのであれば、物凄いセンスです)。かなり凄い展開をするのですが、唐突感が一切ありません。その上何が凄いって、色々な要素がきちんと後で繋がり、無駄な描写がほとんど一切ない点です。

例えば美晴の従姉の話や、友人の田中の存在までも、後にしっかり繋がっていく構成の見事さには、絶句させられました。全ての要素を有効に活用し、展開に一切の無駄がありません。短編って、どうしても勢いとか、「この場面を描写したい」という表現欲が前面に出て、構成がなおざりになる事も多いのですが、この作品の構成の見事さには一見の価値があります。

そして、中盤から後半にかけての緊迫感もかなりのものです。テンポよく展開させ、伏線を上手く回収し、さらに緊迫感も持続した上で、一番緊迫感が高まるところで、これまた読者の思考の隙間をついて綺麗なラストに持っていく。全てが見事でした。確かに作中で山中が言っているように、少し巡り合わせが変われば、もっと違う展開があったでしょう。山中と梅野の後半のやり取りには、やるせなさすら感じさせます。この短さで、そこまで描き出す作者さんの手腕は、見事の一語だと思います。

ラストは、希望を感じさせてくれる綺麗なハッピーエンドで、読後感もとても爽やかです。犯人にも救いの道が用意されていれば良かったのですが、それは流石にちょっと贅沢というものでしょう。わずか30分にも満たないプレイ時間で、映画とまでは行きませんが、1時間のドラマを見終わったかのような満足感を味わえました。こんな短編にはなかなか出会えるものではありません。

難点ですが、文章の読み返しが出来ません。文章主体の作品で、これはかなり痛いです。文章自体は読みやすく、画面内に大量の文章が表示される箇所も多いですが、改行を多めに入れているせいか、そこまで読みにくさは感じませんでした。画面が少々ワイドで、もうちょっと一行に表示される文字数を減らしてくれると、よりプレイヤーに優しいようには思いましたけど。

ツールはティラノスクリプトです。選択肢の数は多くはないのですが、どれも重要なものです。が、普通に考えればどう選ぶべきかは分かると思うので、難易度は高くありません。バッドエンドは4種類、トゥルーエンドが1種類。埋もれているっぽい作品ですが、埋もれているのがもったいない良作です。プレイ時間はわずか30分。プレイして損はさせません。是非読んでみてください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply