第539回/あなたの心で雨宿り - 雨紡ぎの四葩(Minuit) - 不思議系
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第539回/あなたの心で雨宿り - 雨紡ぎの四葩(Minuit)

不思議系
  • comment0
  • trackback-

雨紡ぎの四葩

雨紡ぎの四葩■制作者/Minuit(ダウンロード
■ジャンル/生きた人形の体探索ノベル
■プレイ時間/2時間半

雨宮想一は恋人の呉林桃香から別れを告げられ、一人で傷心旅行にやって来ていた。その途中の山道で足を滑らせて気を失い、気がつくと洋館の中で医師の久坂習慈に看病を受けていた。怪我が治るまでその洋館に滞在する事にした想一の前に、人形のような不思議な少女紫津子と、賑やかな喋る人形オルアシアが現れる。洋館の中で繰り広げられる不思議な物語。

ここが○

  • 個性的な多数の登場人物。
  • 2人のヒロイン、紫津子とオルタシアがどちらも可愛らしい。
  • ラストの意外性と豪華で読後感の良いトゥルーエンド。

ここが×

  • ヒロインが首だけなのでたまげてしまう。
  • ラストは意外ではあるが、要素を盛り込み過ぎの感。
  • 恋愛要素は少々強引。

■あなたの心で雨宿り

少し前に「紅く追憶の水葬」をご紹介しましたが、この作品もそれと似た雰囲気のある、いわゆるクローズドサークルものです。主人公は、洋館に閉じ込められた訳ではないのですが、舞台は洋館の中です。途中(後半)で嵐のため崖崩れが起こり、帰れなくなってしまう辺りも、いかにもな雰囲気が漂います。

ただこの作品は、推理ものでもホラーでもありません。サスペンスかと言われると、少しサスペンスっぽいところがなくもないのですが、純粋なサスペンスとは言えない気がします。人間の側でずっと過ごした人形には、いつしか魂が宿るという「人形信仰」が残る山奥の町で、類稀なる人形制作者の娘の紫津子と、なぜか人間のように感情を持ち、言葉も自由に操る人形オルタシアを軸に、話が進んでいく物語です。

雨紡ぎの四葩このオルタシア、首しかありません。最初はびっくりしてしまうでしょう。以前、韓国産の恋愛ゲームで、鉢植えになった生首の女神様と一緒に暮らすという作品がありましたが、ちょっとそれを思い出してしまいました。まあこちらは人形ですから、首だけでもおかしくはないのですが(いや、やはりおかしいか?(笑))。

さて、物語は想一が山奥で写真を取ろうとして崖から滑り落ちて気を失い、久坂習慈氏の洋館で目を覚ますところから始まります。そして紫津子とオルタシアに出会います。上に書いたように、オルタシアは首から上だけ。しかも人間のように喜怒哀楽を豊かに表して喋ります。このオルタシアの、体の他の部分を探すという事になり、想一の探索が始まるという、前半はそんな感じの流れです。

前半はゆるゆると流れるのですが、実はこの話、かなり色々な要素の謎が隠されています。登場人物は結構たくさん出て来ますが、それぞれが何かしらのバックボーンを持っており、更にきちんと物語上で役割を持っています。そのため、存在感が薄く、出てくるだけのようなキャラクターはいませんでした。その意味でキャラクターの扱い方はとても上手いなと思わされました。キャラクターのやり取り自体も、しっかり個性を出していて、楽しく読めます。人形のように無表情な紫津子と、人間のように賑やかなオルタシアの奇妙な対比が面白いですね。

上手く選択肢を選んでいくと、後半にオルタシアの謎が明かされるのですが、これはかなり意表を突かれました。なるほど巧妙な伏線の使い方です。ただ、少し各キャラクターに色んなものを背負わせ過ぎ、要素を詰め込み過ぎた感もあります。このストーリー展開であれば、メインの紫津子とオルタシアの物語に、もう少し絞っても良かった気がします。もちろん、各キャラクターはちゃんとメインの2人に関係しているのですが、少し主張が強く感じたと言いますか……。「引いて支える」タイプのサブキャラがバランスよく配されていれば、印象が違ったかも知れません。

ちなみに、選択肢は3箇所です。選択肢の選び方によって、エンディングは4種類に分岐するのですが、分岐条件は全然難しくないので、ちょっと考えれば分かると思います。バッドエンドが2つ、ノーマルエンドが1つ、トゥルーエンドが1つという感じですね。バッドエンドは、少々ホラーっぽい演出がいきなり来て、ここは若干唐突さを感じましたが、トゥルーエンドの演出はよく出来ていたと思います。

特に、トゥルーエンディングのアニメーションには驚かされました。オープニングで動画が流れる作品なら数多いですが、エンディングでこれだけ気合の入った動画を使った作品は、ほとんど記憶にありません。このトゥルーエンド、恋愛方向へ持っていくのはちょっと強引にも感じましたが、エンディングの豪華さもあり、後日談でみんな幸せになった様子が描写されるので、読後感はとても良好でした。

ツールは吉里吉里です。プレイ時間は全部のエンディングを見て2時間半から3時間だと思います。既読スキップはあるのですが、シナリオが分岐すると、同じ文章でも未読扱いになってしまうので、少し使い勝手がよくありません。未読文章まで読み飛ばさないように注意してください。ちょっと変わった閉鎖空間ものですが、全部読めばとてもすっきりとした満足感を味わえると思いますよ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply