第566回/恋が進む先は希望なの? - 恋愛漫画DEATH(りんご組) - ナンセンス・不条理
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第566回/恋が進む先は希望なの? - 恋愛漫画DEATH(りんご組)

ナンセンス・不条理
  • comment2
  • trackback-

恋愛漫画DEATH

恋愛漫画DEATH■制作者/りんご組(ダウンロード
■ジャンル/不条理恋愛ノベル
■プレイ時間/30分

村根恋は清楚南学園に通う高校1年生。携帯電話が嫌いな昭和な彼は、スマホも持たず、化粧も全くしない清楚な同級生の森山愛に恋心を抱いていた。しかしきっかけがなくなかなか最初の一歩を踏み出せない。ある日恋は意を決して愛にコンタクトを取ろうとするのだが。そんな恋と愛の、不条理で荒唐無稽な恋愛物語。理不尽に死にまくるのでご注意。

ここが○

  • とにかくぶっ飛びすぎている展開。
  • 耳について離れない主題歌とエンディング。
  • 意外にも(?)心情描写がしっかりしている。

ここが×

  • 理不尽に死にまくるので、短編ながら意外と攻略は大変。
  • 画力は高いとは言い難いので、好みは分かれる。
  • キャラクターが尖りすぎているのも好みが分かれるかも。

■恋が進む先は希望なの?

2019年最初のレビュー作は、なんとも個性的というか、過去に例を見ないぶっ飛んだ作品。まずは起動してすぐに流れるテーマ曲が強烈です。歌はボーカロイド(多分初音ミク?)ですが、歌詞が物凄い。私はしばらくこの曲が耳について離れなくなりました(笑)。

展開も凄いです。出だしこそ、主人公が気になるクラスメイト、森山愛となんとかコンタクトを取ろうとする普通の恋愛ものなんですが、とにかくあっという間に一発で死んでしまったり、夢オチで同じところをぐるぐるループしたり、やたらと恋が「低脳」を連発したり(笑)、とにかく良くも悪くもまともではありません。これほど荒唐無稽な作品にはなかなか出会えないでしょう。

恋愛漫画DEATH展開も凄ければ世界観も荒唐無稽。主人公の村根恋(むらねれん)は、スマホが大嫌いな昭和な感じの男子高校生。主人公の恋に限らず登場人物が、個性的を通り越してやたらと尖った思考の持ち主ばかりです。絵も正直上手いとは言い難いので、人によってかなり合う合わないがあると思います。

選択肢は大量に出てきますが、一発死エンドはもちろんの事、前の場面にループしてしまう選択肢が結構多いです。そういう意味で、分岐ノベルというよりは、昔懐かしのゲームブックのような構成を想像していただければ分かりやすいかも知れません。短編なのですが、真面目に攻略しようと思ったらメモでもとった方がいいでしょう。

これだけ理不尽な展開、尖った登場人物でありながら、キャラクターの心情描写などは思いの外(というと失礼ですが)良く描けています。それにある程度読んでいると、この絵柄が、この作品の雰囲気にはベストマッチなのではないかと思えてくるので不思議です。尖ったキャラクターではあるものの、主人公の恋は基本的に熱くていい奴ですので、読み終える事には私は結構彼に好感を持っていました。

なおこの作品は、作者さんのサイトで原作と言えるWeb漫画が連載されています。それを読むと、原作版の序盤のif展開という感じの作りのようですね(原作と共通するイベントもあるのですが)。漫画版もやたらに強烈なキャラクターが、とんでもない事件を巻き起こす前衛的なストーリーなのですが、独特のパワーがあって、私は結構引き込まれました。序盤はデスノートチックな展開だったのに、中盤から何が何だか分からないストーリーになって、少々置いていかれ気味にもなるんですが(笑)。

その漫画版は恋の幼馴染、桜がちょっと可哀想だったのですが、ゲーム版ではちゃんと(?)桜とのエンディングもあります。その場合、別のキャラクターが不幸になってしまいますので、あまりハッピーエンドではないのですが(笑)。そういう意味で、ゲームをプレイする前に、先に漫画から読むと、より楽しめるかも知れません。原作を読んでいると、エンディングで「ああ原作のあのシーンか」と気づく場面もありますし(私は後から漫画版を読みました)。

クリア時には、タイトル画面でもお馴染みのテーマ曲に合わせて、1枚絵を大量に使ったエンディングが流れます。これがまた凄い内容。徹底的に不条理でナンセンスなこの作品を締めるのには、これ以上ないほどのエンディングで、私はこのエンディングを見て、この作品が気に入ってしまったかも知れない、と思いました(笑)。ぱっと見、「ふざけているのかこの作品は?」としか思えなかったのですが、実は真摯な姿勢で一生懸命作られたのがそこかしこから見えて、私は好感を持ちましたよ。

ツールはNScripterです。迷わずに一直線にグッドエンドを目指せばすぐ終わるでしょうが、結構迷うでしょうし、せっかくですから多数の変なバッドエンドを、全部回収する方が楽しめます(私も全部回収できた自信はないけど)。それでもおよそ30分くらいではないでしょうか。真面目な恋愛ものを期待すると、あまりに違うものが出て来て驚くでしょうし、万人にはお薦めしませんが、こういう作品、私はかなり好きです。
関連記事

Comments 2

法城真(Makoto Houjou)  
法城真によるコメント

 こんにちは、法城みたいな人です。森の小人さんたちに連行されてきました。彼ら、最近新手のビジネス始めたらしくて調子に乗ってます。うそです。わたしが一人だとおっかないのでアメちゃんあげて一緒に来てもらいました。
 変名でこの作品の制作にたずさわっています。さらに言うと、りんごとケンカしてた人ですね。そんなわたしですから、レビューありがとうございます、ということです。
 とても好感触なようで、うれしいです。以前、今作をプレイするより結構前に、「死にゲーだったり理不尽なのはあまり好きじゃない」みたようなことをおっしゃっていた(の記憶が微かにある)ので、もしかしたら恋愛漫画DEATHも叩かれるんじゃないかなぁ~とオドオドして、キョロキョロして、そしてキリッとなってました。

 ただ一つ申し上げたいのは、原作漫画をおすすめしていただけるのはとてもありがたいことではあるのですが、そちらを先に読もうとすると、原作者のサイトを訪れることとなり、その場所で容易に動画を先に見ることができてしまうので(もともとゲーム用に作られた主題歌・動画ではなく、ゲームの企画が立ち上がる前から公開しているため)、そうするとエンディングでの衝撃もだいぶ薄れてしまう公算が大きいと思われます。ゲームでこの恋愛漫画DEATHというタイトルを知ることになる人(動画を見ていない人)には、できればゲームのエンディングでその動画を初見することになって欲しいので、先に原作を読んだほうがいいかもしれないとのお言葉をいただくのは、嬉しいのですけれども、ちょっと困る部分でもありまして、それはつまり、つまり、どういうことだろう?

 というわけで、これを読んでいるそこのあなた! 全身に金粉を塗りたくっているかもしれないそこのあなただし、神々の缶蹴りを遠くから羨ましそうに眺めているかもしれないあなただ。原作漫画はとても面白い作品だが、そちらに行くのはゲームをクリアしてからでもけして遅くはないのです。せっかくこのゲームに触れるのであれば、NaGISAさんと同じ道順をたどることにより、NaGISAさんのお仲間になったほうが得ではありませんか?

 ああ……でも、これは失礼な言い草になるかもしれませんが、NaGISAさんの言うとおりにしたがって、先に原作者サイトへの訪れを実行するという人が、このレビュー記事を読んでゲームを始めようという人のなかでどれほどいるのだろうか、もしかしたら皆無であり、心配することなんて無いのかもしれない、とも思いはするのです。
 宇宙はとても広いです。たくあんの出会いがあって、いろんな思いが交錯する。今からあと千年も経てば、我々は銀河への翼を得ることができているのかもしれません。宇宙人と五目並べをしているかもしれません。よく気弱な少年が快晴の天空を見上げながら、「ぼくも翼があればあの空を自由に駆けることができるのに」と夢見ることがありますが、実際にそうしたら、空中で鳥達にいじめられることになるんじゃないかなどと、思いませんか?

2019/01/03 (Thu) 12:12 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>法城真さん

コメントありがとうございます。また、楽しい作品もありがとうございました。あのエンディング動画を妻に見せたら、大ウケしていました。確かに結構理不尽に死にまくりましたが(笑)、終始楽しくプレイさせていただきました。

Web漫画を先にお薦めすると、動画を見られる可能性がある点、確かにおっしゃる通りですね。該当の箇所、変更した方がいいでしょうか? その場合はどうぞ遠慮なくご用命ください。

どうぞまたお気軽にコメントをお寄せください。

2019/01/03 (Thu) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply