第6回/緋色の指輪は永久の輝き - Crimson RIng(Phylector) - ホラー
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第6回/緋色の指輪は永久の輝き - Crimson RIng(Phylector)

ホラー
  • comment0
  • trackback-

Crimson Ring

Crimson RIng推薦
■製作者/Phylector(ダウンロード
■容量/5.5MB

主人公、市田亮介は高校3年生。幼なじみの安里胡桃と楽しい毎日を送りながら、過去の体験に縛られ胡桃の想いを受け入れられずにいた。そんな2人の日常は学校で起こった恐るべき事件により破壊されて行く……。エンディング13種類、テキスト15万字以上の本格ホラーノベル。

ここが○

  • グラフィックスや音楽がなかなか綺麗。
  • 叙情的で読ませるシナリオ。
  • シナリオは、展開が急なところもあるが全体のバランスは良好。

ここが×

  • マウスをクリックしっぱなしだと勝手にテキストが高速で流れてしまう。しかも読み返しができない。
  • 展開がちょっと急ぎ過ぎの感なきにしもあらず。
  • 一人称で書かれているのに、唐突に視点が変わる。

■緋色の指輪は永久の輝き

私は、はっきり言っていわゆる「ホラー系」が苦手です。その手の映画とか小説は絶対読まないし、ゲームももちろんやりません。たとえば「かまいたちの夜」とか、フリーノベルなら「1999 Christmas Eve」とか(途中まではやったんですけどね)。

そんな私が、なぜかふらっとプレイしてしまったホラー系のアドベンチャーが、この「Crimson Ring」です。今となってはなぜこの作品をダウンロードしたのか忘れてしまったんですが(笑)、しかしこの作品をプレイできたのは幸いな事でした。この作品、見た目で侮ってるとだまされます。かなりの良作です。

分類すれば「学園ホラー」ですが、「1999」が映像や音でこれでもか、これでもかと怖さをアピールして来たのに対し、こちらはそのあたりはずいぶんさっぱりした表現で、凄く怖いという訳ではありません。しかし物語は実に上手く作られており、謎が解けていく過程も巧妙。「ホラー」と言うよりは「サスペンス」と言った方が適切かも知れません。

エンディングは12+1種類。どのエンディングも手抜きがなく丁寧に作り込まれている上、微妙に謎が明らかになったりするもんだから、1つでもエンディングを見てしまうと「あのエンドはどうなっているんだろう」と、止まらなくなります。選択肢やパラメーターによる分岐の仕組み方も実に巧妙です。

そして文章力も確かです。フリーノベルにありがちな押し付けがましいところもありません。キャラクターも、ヒロインの胡桃や友人の桜井など、それぞれ魅力的。恋愛要素や友情物語などの絡み具合も上々で、うまく話を盛り上げてくれます。おまけのハッピーエンドも実に爽やかで、大満足でした。

苦言を呈するとすれば、背景画像がかなりしょぼい事。ゲーム内容と直接関係する訳じゃないとは言え、ホラーなんだからもうちょっと何とかならなかったでしょうか。あとは背景画像の切り替えがかなり遅く、既読スキップを使っていてもストレスがたまります。また、一部BGMでMIDIデータの作りに問題があるようで、ドラムパートがピアノの音に化けたりします。まあこれは、私が音源モジュールを使っているせいでしょうけど……。

とは言え、たっぷりのボリュームで十分楽しめる良作です。作者のページには、少々誇大広告気味と思える宣伝文句が並んでいたんですが、個人的には「宣伝文句に偽りなし」と思いました。見た目でちょっと損をしてますが、中身は大変充実しており、これ1作で休みの1日をたっぷり楽しむ事ができる事でしょう。見た目だけで判断せずにプレイして欲しい1作です。ぜひ全てのエンディングを見て、「ハッピーエンド」にたどり着いてみてください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply