第568回/教えて、恋する心の幸せを - キミはキメラR(Star Gazer) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第568回/教えて、恋する心の幸せを - キミはキメラR(Star Gazer)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

キミはキメラR

キミはキメラR■制作者/Star Gazer(ダウンロード
■ジャンル/人外の教え子と恋愛ノベル
■プレイ時間/1時間半

学校の教師になる夢を諦め、塾の講師のアルバイトとして働く秋山義文に、謎めいた女が破格の報酬で家庭教師の依頼をしてきた。悩んだ末その仕事を受ける事にした。そして指定の場所にやって来た秋山は、家庭教師の相手である少女、ハマルと出会う。猫耳帽子を被っているハマルには、大きな秘密があった。独特の設定のSF風恋愛ストーリー。(この作品は「15才以上推奨」です)

ここが○

  • ヒロインのハマルが可愛らしい。
  • テンポよく進む物語。
  • 後半で明らかになる、意外な登場人物の関係。

ここが×

  • ちょっとだらしない気がする主人公。
  • せっかくの設定が生かされているとは言い難い。
  • 性的描写には好みが分かれるか。

■教えて、恋する心の幸せを

この作品は、随分前からその存在は知っていたのですが、なんとなく(?)プレイしていませんでした。この度、「クロノウサギ」という作品をプレイしようと思ったのですが、その前に同じ作者さんのこの作品をプレイしておこうと思い立ち、ようやくプレイしてみた次第です。キメラとは、同一個体に異なる遺伝子情報を持つ生物の事です。骨髄移植を受けた患者も、医学用語では実はキメラと呼ばれるのです。

主人公は、教師になるべく大学に行ったものの、今は塾講師のアルバイトで生計を立てている秋山義文。教員採用試験に3回落ち、奨学金を返すのに四苦八苦しているという辺り、妙に現実的です。ある日、夜道で冬城夕子という謎の女性から、破格の条件で家庭教師のオファーを受けるというところから物語が始まります。

キミはキメラR義文が赴いた先は、クジョウ生命科学総合研究センターという、胡散臭い研究所。そこの一室で出会った少女、ハマルが彼の生徒でした。最初は小学校低学年程度の知能しかないハマルは、しかし義文の指導により、どんどん知識を身に付けていきます。この辺りまでは、普通の展開です。が、ハマルが徐々に心を開き、どんどん義文との会話が弾んでいく様子で、上手に2人の距離の縮み方を描いているのは上手いですね。

中盤辺りで事件が起こり、ハマルは義文の部屋で一緒に暮らす事になります。「ボーイミーツガール同居型」です。「ルームメイト型」と言ってもいいでしょう。ただ、多くの同居型作品と違うのは、いきなり都合よく同居するのではなく、ちゃんとそれまでにある程度納得のいく理由、期間を描写している事です。いきなり同居すると、少々突拍子のなさを感じるものですが、この作品はその辺りの自然な流れが巧みです。

そして中盤くらいから完全に流れは恋愛ものにシフトしていくのですが、どうも主人公の義文が恋愛面ではだらしないというか……。本物の教師ではなく、単なる家庭教師なのに、やたらと倫理観を盾にとって自分の気持ちに蓋をするんですよね。それが、純粋に崇高な教育への思いから出ているのではなく、「逃げ」を正当化するように感じられるところに、義文の恋愛面でのその辺りの描写に、いまいち共感しにくいものがあるのですよね。

が、ハマルの側から見ると、だんだん色々な知識をつけ、義文への思いに身を焦がすようになる様子が非常に見事に描写されており、ハマル自身の魅力もあって、恋愛ものとしてはとても読み応えのある作品です(ハマルが魅力的な分、義文のヘタレっぷりが強調される結果になっているのが何なんですが(汗))。ちょっと性的な描写があるシーンもあり、そこまで露骨な描写ではないのですが、ここは好き好きかも知れません。個人的には、そこまで描かなくても良かった気はするのですが。

そして、登場人物が意外な形で繋がる後半。構成の上手さを感じました。構成が上手い上、延々と日常描写が続くなど、展開上無意味なシーンで流れが淀む事もなく、テンポも良好です。文章もリズミカルで読みやすいですね。どこかで妙に急いだ感じでばたばたっと物語が進む事もありません。非常に物語作りに手慣れた印象を受けました。

ただ、キメラ云々の物語の根本に関わる設定が、ラストには完全に置いてけぼりにされており、様々な問題が何ら解決していないのです。結局単に義文とハマルの恋愛ものだけで終わってしまっているのは、ちょっと収まりの悪さを感じる終わり方でした。清美や理科雄と言った魅力的なキャラクターが、もっとラストで生かされ、色々な問題がすっきり解決してくれると良かったのですが、どうにも消化不良感を感じました。

とは言え、潔く(?)それらの問題からは目を瞑り、恋愛ものに特化した終わり方にしているため、恋愛ものとしてはまずまず綺麗な読後感です。あまり深い事を考えず、ハマルという魅力的な女の子との恋愛物語だと思って読めば、十分水準以上のストーリーが楽しめると思います。恋愛ものに特化するなら、それはそれでもう一歩踏み込んで欲しかった気がしなくもないのですが。

ツールはNScripter。選択肢なしの1本道で、プレイ時間は1時間半から2時間。実は作者さんのサイトに、ティラノスクリプトによるブラウザー版があります。が、それなりのプレイ時間がありますし、パソコンであればNScr版がプレイしやすいと思います。主人公の煮え切らない態度には、読んでいてちょっとやきもきさせられるかも知れませんが、一風変わった恋愛物語がお好きなら、きっと楽しめると思います。
関連記事

Comments 0

Leave a reply