第62回/俺はみんなを愛してる - おにあい~だって好き好き大好き(あおぞら幼稚園) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第62回/俺はみんなを愛してる - おにあい~だって好き好き大好き(あおぞら幼稚園)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

おにあい~だって好き好き大好き

おにあい~だって好き好き大好き■制作者/あおぞら幼稚園(ダウンロード
■容量/22.8MB

主人公の川島大福は高校2年生。妹のもなかと2人暮らし。平穏な高校生活を送る大福は次々と女性と知り合って行き……。2月14日、学校公認のバレンタインイベントで、果たして大福は誰からチョコレートを貰えて、誰と結ばれるのか? 衝撃的なオチに呆然必至の恋愛ノベル。

ここが○

  • 手軽にプレイできる恋愛ノベル。
  • これでもかこれでもかとばかりに登場するヒロインは、妹、先生、後輩、委員長、メガネっ娘…何でも取り揃え。
  • とにかく主人公がやたらモテまくるので、そう言うのが好きな方にはいいかも。

ここが×

  • 文章は正直イマイチ。
  • 立ち絵もかなり微妙。
  • あのオチはいかがなものかと(笑)。

■俺はみんなを愛してる

続いてご紹介は「おにあい」。プレイした大半の人は、キャラの立ち絵を見ただけで黙ってウィンドウを閉じてしまうのではないでしょうか。人によってはタイトル前の「この作品は、妹好きが作った妹萌えノベルです」を見た瞬間(略)。だがちょっと待たれよ。せっかくハードディスクの容量を使ってこの作品をダウンロードしたんですから、楽しまないと損です。特に「衝撃のオチ」は必見。

この作品、ぱっと見は普通の恋愛ノベルです。両親がいない主人公を、その妹が朝起こしに来るという、いかにもーな始まり方。そして通学路では、主人公を「お兄ちゃん」と呼ぶ幼なじみと遭遇。担任の先生は若い女性。委員長はメガネっ娘。もうお約束の塊です。そして、この高校では2月14日に「バレンタインイベント」なるものがあるらしく、学校公認、部外者OKでチョコレート渡し合戦となり、最後に全校生徒の投票でベストカップルに選ばれたら、バーチャル結婚式をやって祝ってくれるとか。

なんじゃそりゃあ!! と言わずにはおれないこの設定(笑)。大体「大福」「もなか」の兄妹て。幼なじみは「あいす」だし(笑)。しかも、主人公はとにかくモテまくります。ケンカも強いため、女の子と知り合い、その子が危ない目に遭うところを助けては……な感じ。ヒロインの数、出しも出したり12人。「ときめきメモリアル」がノベルゲームになったらこんな感じなんじゃなかろうか、などと思ってしまいました(笑)。

で、文章力は正直あまり巧みとは言えません。「頑張ってるのは分かるけどなあ」な感じ。キャラの立ち絵も、見ての通り。そんな状態で12人もヒロインが出て来るんですから、これはもうぐだぐだ必至! ……と思いきや、案外引き込まれてしまった私がそこにいる(笑)。いや、意外な展開とかキャラ同士の絡み合いとか、そう言った要素は正直皆無だし、イベントはお約束満載なんですが、お約束のちりばめ方、絡ませ方のバランスがなかなか良かったため、ノベルゲームとして「読んでみよう」と起こさせる点については、十分及第点です。

そしてラストはバレンタインデー。当然、お約束のごとく全員が主人公への思いを込めてチョコレートを作るなり買うなりして、主人公にチョコレートを渡しに来る訳ですが……主人公が誰を選ぶのか、どんなオチがつくのか。それは内緒にしておきます。あまりの衝撃に目の前が真っ暗になる事間違いなしです(笑)。

作者さんの処女作と思われますが、しかし部分部分はいいのに、組み合わせてみたら「?」な出来になってしまった作品も多々見受けられる中、絵はしょぼく、文章もいまいちなのに、何だか知らないけど読ませるパワーがあったのも事実。この作品、もし美麗な絵がついてて、巧みな文章がついていたら、かなりの「萌え系」ノベルゲームになっていたかも知れません(笑)。もっとも「手作り感」溢れる作品が好きな私としては、「ま、これでいっか」と思ってたりしますが。

まともな恋愛ものを求める方、心情描写で読ませる恋愛ものがやりたい方にはお勧めしません。「恋愛風味スラップスティック」。これがこの作品の正しいジャンル。さあ、衝撃のオチに貴方はどんな感想を持つかな?(笑)
関連記事

Comments 0

Leave a reply