第585回/憑いてるね、ノッてるね - 転生天命(あ行。) - コメディ
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第585回/憑いてるね、ノッてるね - 転生天命(あ行。)

コメディ
  • comment0
  • trackback-

転生天命

転生天命準推薦
■制作者/あ行。(ダウンロード
■ジャンル/コミカル憑依成仏ノベル
■プレイ時間/40分

浮遊霊「中身」は、強い未練を残して死んだ遺体に引き寄せられて憑依してしまう性質があった。しかし自分1人で死んだ人間の未練を果たせない「中身」は、霊感のある女子大生、吉野八知に電話をして、彼女の助けで未練を果たさなければならない。今日も八知の携帯電話が鳴り響き、「中身」からの呼び出し。2人は無事死人の未練を断ち切れるのか?

ここが○

  • 設定が面白くオリジナリティがある。
  • どんどん先を読み進めたくなる展開の面白さ。
  • 笑わせたりしんみりさせたり、バラエティに富んだ物語。

ここが×

  • ラストに至る展開はもう少し伏線があっても良かったか。
  • 終わり方は少々素っ気ない感じ。
  • せっかく目覚めたのにまた死んでしまうのはどうなんだ(笑)。

■憑いてるね、ノッてるね

フリーノベルゲームをやっていると、作品の面白さはオリジナリティとはあまり関係ない事に気付きます。独創性よりも、演出、心情の描写を丁寧にやれば、当たり前の展開をする物語でも、十分面白く仕上げられるものです。そして最近は、妙に変化球な作品が増えてきた感があり、それはそれで面白いとは思うのですが、変化球を狙おうとする余り、読み手も真っ向から受け止めにくい作品も見受けられます。そんな中、この作品は「独創性がありつつ、分かりやすくストレート」なのです。この設定には、一本取られてしまいました。

作者さんは「Planet nine」を作られた方です。あの作品も独特のアイディアが光りましたが、この作品は、独自のアイディアを盛り込みつつ、捻り過ぎずに直球勝負という、大変珍しい作品です。幽霊ものではあるのですが、こういう設定の作品はフリーノベルでは初めて見ました。画面写真を見ると何だかホラーにも見えますが、全然ホラーではありませんので、ご安心ください(笑)。

転生天命主人公の吉野八知は、霊感のある女子大生。そして彼女に絡んでくる浮遊霊の「中身」は、未練を残して死んだ人に引き寄せられ、その遺体に乗り移り、未練を果たさないとその体から抜け出せません。なので「中身」はそうなるといつも八知に電話をして助けを求めます。かくて、八知は否応無しに「中身」の未練成就の手伝いをさせられる事になります。

という出だしで、「中身」は未練が成就する度に違う死人に乗り移って、その度に八知に助けを求めます。乗り移ったのあ人間ならいいのですが、中には犬に憑依する話もあったり。そうなると電話をかけるのも一苦労。この設定からして、終始ドタバタコメディチックな展開をします。が、何せ死人が一度生き返る(ように見えるだけ。実はゾンビ状態)のですから、様々なドラマが生まれます。そのドラマを、コミカルに描いており、時にしんみりさせてくれます。

設定が設定ですので、八知と「中身」のどこかずれたやり取りは笑いを誘う一方、「中身」の言動には悲哀すら感じる箇所もあります。そして後半で明かされる真実と、きちんとまとまったラスト。なるほど、と感心させられました。設定を上手く利用してきちんとオチに持っていく、ラスト近くの展開が実に巧みです。「Planet nine」でも構成の上手さには感心させられたのですが、この作品の構成も見事です。

この作品は、1話完結形式で、全5話で構成されています。各話5分くらいで読めてテンポも良好ですし、5分なのにどの話もしっかり起承転結が付いていて、笑いどころもあり、上手く作られています。どんどん読み進めたく魅力がある物語です。個人的には、第3話が特に印象に残りました。犬に憑依したため口を聞けない「中身」と八知のやり取りが面白いのですが、犬の未練を成就すべく赴いた家での事実が、寂しさを感じさせてくれて、とても心に残りました。

そして第4話では「中身」の秘密に迫る内容が語られます。ここで語られる真実は、目新しい展開とは言えず、よくあると言えばよくある展開ですが、今作のオリジナリティのある設定との組み合わせ方がいいですね。一応この話でエンディングが流れますが、2種類どちらのエンドも綺麗な終わり方です。とは言え、八知と「中身」との関係が最後まで妙にドライでラストもちょっと素っ気なく、前半から何か2人の過去の関係などの伏線を張って、もう少し盛り上げる終わり方をしても良かったのかな、と思いました。それと、「中身」は一度はちゃんと元の体に戻れたのに、またもや死んでしまうのは、展開としてちょっとどうなんだ、と思ったり思わなかったり(どっちだよ(笑))。

とは言え、過剰に感動を煽り立てるような方向に持っていくより、作品全体の雰囲気からすると、このくらいあっさり終わるのもありなのかな、とも思えます。なお、第5話までを読了すると、アナザーストーリーが読めます。作者さんの別作品の登場人物(これがまた強烈)が出てくるおまけですが、ラストはちゃんと本編に繋がります。これの終わり方も妙に淡々としているので、これがこの作者さんの作風なのかも知れませんね。

ツールはLive Makerです。バッドエンドも色々ありますが、そこまで攻略は難しくありません。ゲームフォルダー内に攻略チャートもあるので、そちらを参考にするのもいいでしょう。意外とバッドエンドの中にも味わい深いものもありますので、全部のエンドを見てみる事をお薦めします。捻った設定で送るストレートな物語。作者さんは主に女性向け作品を作られている方のようですが、おまけを読むと是非松井さんが登場する他作品を読んでみたくなりました(笑)。気軽に楽しんでください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply