第591回/手取り足取り糸で取り - ひとでなく、ひとでなし(あほちゃん) - ファンタジー
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第591回/手取り足取り糸で取り - ひとでなく、ひとでなし(あほちゃん)

ファンタジー
  • comment0
  • trackback-

ひとでなく、ひとでなし

ひとでなく、ひとでなし■制作者/あほちゃん(ダウンロード
■ジャンル/蜘蛛娘の異種族交流ノベル
■プレイ時間/1時間

人間とは異なる種族が存在する世界。希少種族であるスパイダー種のシュガーは、その日も人間に襲われていたが、返り討ちにして帰途についた。そんなある日、ハンターのウェブに狙われたシュガーは、ユアンとドルグという人間の2人組に助けられた。人間と仲良くしたいと願うシュガーは、それからユアン達と交流するが。風変わりなファンタジー。

ここが○

  • 他に類を見ない独特な設定。
  • 設定を上手く使った個性的なキャラクター。
  • 適度な長さで起伏のある展開。

ここが×

  • グロテスクなところもあるので、読む人を選ぶかも。
  • なんだかすっきりしない感のあるユアンルート。
  • 登場人物が結構あっさりと死んでしまう。

■手取り足取り糸で取り

温かく、暖かい冬、なのか」の作者さんの最新作です。「温かく」はSFでしたが、この作品はがらりと作風が変わりまして、かなり独特な設定のファンタジー。ファンタジーと言っても、剣は出てきますが魔法は出てきません。戦闘がメインという訳ではなく、異種族と人間の交流がテーマ。意欲的な作りの物語です。

まず、のっけから驚かされます。主人公のシュガーは、「スパイダー種」という種族なのですが、上半身が人間で、下半身はなんと蜘蛛。最初に立ち絵が出た瞬間、もう驚いたの驚かないのって(どっちだよ)。いや、驚いたんです。この作品にもケンタウロスは出てくるのですが、下半身が蜘蛛のヒロインなんて、前代未聞なのではないでしょうか。夢に出てきそうな衝撃です。

ひとでなく、ひとでなし驚くのは見た目だけではありません。1枚目の画面写真は序盤、シュガーが人間に襲われ、それを返り討ちにして自宅へ帰って来て、母親と会話するシーンなのですが、台詞が「1人は逃げて、もう1人は食べちゃったから……」。外見も強烈ですが、人間を食べるヒロイン(正確には血をを吸うのですが)。インパクトで言えば、これほど物凄いインパクトのある主人公も滅多にいません。

主人公のシュガーは、幼生体という設定で、そのせいか上半身は人間なのですが、考え方が色々人間とはずれています。そんな彼女は、実は人間と仲良くできればと願っていたのでした。そこに現れたのが、ハンターのウェブ(名前が「Web=蜘蛛の巣」というのが、洒落が効いています)。シュガーの平穏な生活が、徐々に脅かされ始め……というような展開で、物語が進んでいきます。

この、設定を上手く利用したシュガーの性格づけは、物語上で非常に効果的だったと思います。見た目こそグロテスクなのですが、シュガーの天真爛漫さが物語を引っ張っていってくれて、イベントもバランスよく配置されているため、だれる事なく一気に読み進められます。不器用なウェブや、狡猾なユアン、愚直なドルグ、気のいいリマーなど、脇を固めるキャラクターの魅力的で、物語を盛り上げてくれます。ウェブは「温かく」のウルフにも通じるような性格のキャラクターですね。こういう方向性の男性キャラクター、結構好きです。

何せ設定が設定ですから、結構グロテスクな描写も出て来ます。そして、展開にもよりますが、割とあっさり登場キャラクターが死んだりします(汗)。なので、少々読む人を選ぶかも知れません。ただ、少しグロテスクな描写はあるものの、展開自体は決して重苦しいとか鬱な終わり方という訳ではないので(バッドエンドもありますけどね)、そういう意味では割とストレートで、万人が読めるタイプの物語です。

シュガーは、よくある「見た目は人間じゃないけど、中身は人間」というキャラクターではなく、中身も人間離れしています。脱皮したりもしますし、思考も完全に、人間ではなく獣(シュガーはそう呼ばれるのを嫌いますが)のそれです。しかしそれが、この作品ならではの個性を生んでいて、とにかく印象に残るという事では歴代の作品でも随一の主人公(ヒロイン)となっています。欲を言えば、脱皮して成体になった後にも少し引っ張れば、幼生体の時との思考のギャップが楽しめて、より設定が生きたかも知れません。

物語は、ウェブルートとユアンルートに分岐します。ウェブルートは、驚く事に恋愛ものです。が、ウェブの真っ直ぐな性格が物語に一本芯を通してくれていて、恋愛ものとしてよく出来ている物語でした。逆にユアンルートは、少々すっきりしないというか、「いいのかこんな終わり方で!?」となってしまったのですが。まあ、メインはウェブルートなのでしょうし、展開の1つとしてはありかも知れません。

ツールはYU-RISです。YU-RISは大変優秀なツールでプレイしやすいです。ただ、右のアイコンが小さく、少し使い辛さを感じるところもありました。エンディングはウェブエンド、ユアンエンドの他はバッドエンドが5種類。全部読んで1時間くらいだと思います。難易度は高くなく、攻略は難しくありません。とにかく画面写真でびっくりするかも知れませんが、設定を生かしたキャラクターによる、変わったファンタジー恋愛ノベルです。一見の価値があると思います。
関連記事

Comments 0

Leave a reply