札幌創作オフ会レポート - 雑記・日記
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

札幌創作オフ会レポート

雑記・日記
  • comment0
  • trackback-
昨日、以前も予告していた「札幌創作オフ会」が無事行われ、大成功(?)のうちに終了しました。今回の記事では、簡単にレポートを書いてみます。

今回の参加者は、私を入れて合計7名。たぬ子さん、アライコウさん、むろすさん、浦田一香さん、黒田雛緒さん、Masonさん、それに私。以前の記事で、参加者については書いていますので、詳細はそちらをご参照ください。

当日は札幌の6月の大イベント、YOSAKOIソーラン祭りの最中でしたから、地下鉄大通駅で降りまして、しばらく演舞を楽しみました。去年はテレビで少し見ただけなのですが、やはり目の前で見ると迫力が違いますね。今回オフ会のスケジュールがYOSAKOIソーランに重なったのは、単なる私のチェックミスなのですが(笑)、来年はスケジュールを立ててじっくり祭りを見てみたいなと思っています。

そこから待ち合わせ場所に移動。祭りの最中の、しかも土曜ということで、大通周辺は大変な人でしたが、無事待ち合わせ場所で全員が揃いました。会場は、すすきの駅からほど近いお店。個室だったのでゆったりできました。

20190608札幌創作オフ会1


手だけの記念撮影。奥の左から、アライコウさん、むろすさん、Masonさん、黒田雛緒さん、手前の左から浦田一香さん、たぬ子さん。手だけですので、訳分からないと思いますけど(笑)。私は撮影係でしたから、写っていません(たぬ子さんの右隣にいるのが私)。

今回、フリーノベルゲームの方や、音楽制作の方、Web小説の方、それにアライさんのようなプロのライターの方までいらっしゃって、人数は決して多くはなかったのですが、バラエティに富んだメンバーで、色々な話題で楽しく話が弾みました。まあ、創作に関係ない話をしていた時間も長かったのですが(笑)。アライさんは、15年くらい前からWeb上でちょこちょことやり取りしていましたので、今回初めてお会いできて、大変光栄でした。

銀河特捜ライジン」や「あなたの命の価値リメイク」の裏話が聞けたのも楽しかったですし、アライさんのプロならではの体験談や、黒田さん&Masonさんの場の盛り上げ振りも素晴らしかったです。むろすさんと音楽制作について話せたのも楽しかったですね。でも道外の皆様には、北海道ローカルネタでご迷惑をおかけしました(笑)。私も、ブログやTwitterでは書かない(書けない?)ようなことも、色々喋りました。

一次会は午後6時に始まり、午後8時には終了。その後、歩いて5分のところにあるカクテルバーに移動。二次会となりました。当初Masonさんは二次会には参加されない予定だったのですが、お話が盛り上がったからか、急遽参加されることに。

二次会の会場は、ソファー席でゆったり寛げるバー。ここでも引き続きお話が盛り上がりました。私はお約束通り(?)、いくつかマジックを披露しました。まずまず楽しんでいただけた……のならいいんですが、どうでしょう(汗)。ちなみに演じたのは「Shuffling lesson→Reset→Illogical change→Untouched」という流れでした。

浦田さんは、ホテルのチェックインの時間の関係で、途中で帰られましたが、二次会でも1時間半、創作のお話や創作に無関係のお話など、たっぷり盛り上がりました。終わったのは午後10時前で、まだまだ話は尽きませんでしたが、こういう場というのは、「もっと話したいな」というくらいで終わるのが、ちょうどいいのです(本当か?(笑))。

20190608札幌創作オフ会2


記念の寄せ書き。浦田さんが帰られたあとなので浦田さんのだけありません。もうちょっと早くに書くべきでしたね。でも、いい記念になりました。札幌創作オフ会は、今回限りのつもりだったのですが、他にも参加したいけど都合が合わず参加できなかった方がいらっしゃいましたし、次回も考えてみてもいいかなと思っています。

昨日もお話したことですが、創作ってどのジャンルでもそうですが、手軽に作れるようになったため作り手は非常に増えた一方、受け手側はごく一部の超トップレベル以外には興味が向きにくい状況です。この傾向は今後強まりこそすれ、恐らく変わることはないでしょう(同人誌の世界も、昔に比べるとその傾向が顕著ですよね)。

だからこそ、みんながダウンロード数にとらわれ過ぎたり、みんなが人気作品を作る、コンテストで入賞することを目指すのではなく、創作を通じての交流を、もっと楽しめればと思うのです。1人1人の作者が、「一プレイヤーとして、他の作者に少しでも寄り添い、フリーノベルゲーム(Web小説でも同じです)の世界を盛り上げる」ことをちょっとでも意識すれば、たとえダウンロード数がそこそこで、コンテストで入賞しなくても、きっともっと楽しい世界になるはずです。

ともあれ、参加してくださった皆様はお疲れ様でした。機会があれば、また会いましょう。そして、次回があるとすれば、今回参加されなかった方も、是非興味を持ってください!

追記/浦田さんとアライさんのオフ会レポートも、合わせて読むと楽しめます。
浦田一香のブログ 札幌創作オフ会に行ってきました!
Arai Koh's Create Life 札幌創作オフ会に参加。そしてアマチュア創作の今後について
関連記事

Comments 0

Leave a reply