第689回/4人で守る、4人を守る - 七月のゲーム部(ND PROJECT) - アクション・ドラマ
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第689回/4人で守る、4人を守る - 七月のゲーム部(ND PROJECT)

アクション・ドラマ
  • comment4
  • trackback-

七月のゲーム部

七月のゲーム部推薦
■制作者/ND PROJECT(ダウンロード
■ジャンル/夏のゲーム部危機一髪ノベル
■プレイ時間/3時間

7月初旬。夢咲楓が部長を務めるゲーム部は、8月1日に合宿を控え盛り上がっていた。そして最近大流行の、どんな願いも叶えてくれるスマホアプリ「モンキーパイ」。みんなが使うそのアプリを、ゲーム部の晴翔だけは頑なに使おうとしなかったのだが、ある日とんでもないトラブルが巻き起こる。ゲーム部を取り巻く4つの大事件を綴った学園ノベル。

ここが○

  • 個性的な4人の主人公に、みんなしっかり見せ場がある。
  • それぞれの章に盛り上がりどころとオチがある。
  • 更に各章がしっかり絡み、ラストに向けて盛り上がる構成の巧みさ。

ここが×

  • 章の間のセーブの時、自分でファイル名をつけないといけない。
  • 細かい説明はないので、勢いで押し切っているところも。
  • 画面の振動を伴う打撃音のSEがあまりにも過剰。

■4人で守る、4人を守る

この作品は、結構前にお薦めを受けていました。あらすじを見ても私好みの面白そうな作品でしたので、早くプレイしなければと思っていたのですが、なかなかプレイする機会がありませんでした。何故かというと、この作品はPixixのIDがないとダウンロードできないのです。なので後回し後回しを繰り返した挙句、随分プレイが伸びてしまいました。この度ようやくプレイしましたので、満を持して(?)ご紹介です。

この作品の舞台は、とある高校の「ゲーム部」。部員は4名。部長の夢咲楓はお嬢様風。風見涼は男子なのですが、女の子に見間違われるような可愛らしい見た目。その友人道明寺晴翔は、口が悪く妹を溺愛しています。晴翔のライバル(?)桜樹みりあは、晴翔を「ハルカス」と呼び、晴翔はみりあを「アホピンク」と呼び合う喧嘩仲間。この4人、個性的なのですが、日常のやり取りで過剰に流れが澱みません。日常パートは、あくまでストーリー上必要なところだけで、物語が非常にきびきび進むので、好印象です。

七月のゲーム部物語は全4章に分かれています。そして各章でフォーカスされるキャラクターが変わります。第1章は「願い事のモンキーハンド」。涼がメインです。願い事をなんでも叶えてくれる(正確には、そのための的確なアドバイスをしてくれる)「モンキーパイ」というスマホアプリが大流行し、使っていない者はいないほどの状態に。そんなある日、学校の屋上から女生徒が飛び降りたところを、涼と晴翔が目撃し、慌てて警察を呼ぶのですが、警察が到着する頃にはなんとあったはずの死体が消えているではありませんか。

そこから始まる恐るべき事件。最初の章なのに、エンジン全開です。最初から読者を強力に掴んでくれます。この、人々を乗っ取ろうとするスマホアプリという設定は、「FeARy-電子妖精の囁き-」を思い起こさせます。細かいロジックについてはきちんと描かれている訳ではないのですが、それでも押し切って読者を納得させるだけの力を持ったストーリーです。

第2章は「イマジナリィ・リアリティ」。みりあが主人公。みりあが夏合宿でお披露目しようと思っていた、最先端VRゲームの世界に入ったまま帰ってこれなくなるという物語。いつもいがみ合ってばかりのみりあと晴翔の掛け合いが見ものです。ただ、みりあが無事に帰ってこれるところ(パスワード)については伏線がなかったので、そこはなんらかの言及が欲しい気はしましたが、この章もドラマも人間関係も両方楽しめます。

第3章は「ピロテスと虚像のアルプトラウム」。この章が一番長く、そして読み応えがあります。メインキャラは晴翔。晴翔のスマホに、感情を持ったAIアプリが勝手にインストールされます。晴翔は彼女(?)に「ライラ」と名付けますが、ライラに翻弄される晴翔。この第3章は、込められた仕掛けといい、晴翔とライラの交流の様子といい、ラストのなんとも言えない悲しさといい、全4章の中でダントツの出来栄えです。

ただこの賞も、ライラの過去に何ら言及がなく(名前がないことをほのめかしたくらい)、そこは少し唐突に感じなくもありませんでした。少しでいいので、ライラの過去を何か匂わせる描写があればと。それでも、晴翔とライラの別れのシーンは、ここ最近プレイした作品の中でも屈指の名シーンでした。

そして第4章「七月のゲーム部」。実はこの章は意外と短いのですが、その分濃厚な展開です。誰にもクリアできない謎のフリーゲーム「find P→」と、暴走を始める原発、人工衛星。日本を救うためには、ゲーム部のメンバーで「find P→」をクリアするしかありません。オチのつけ方が、少し安直な気もしたのですが、その手前の上手い展開にはやられました。ラストらしい緊迫感もかなりのもので、綺麗にまとまっていたと思います。

どの賞も起承転結のつけ方が上手く、しかも第3章になってから繋がってくる構成の見事さには唸らされました。TwitterやYoutubeなどの今時のWebアプリの利用のしかたも上手く、物語のいいアクセントになっています。ちょっとだけ気になる点は、打撃音+画面振動のエフェクトがやたらと多く、これは演出過剰だったように思います(打撃音のSEなんて、そう何度も聞きたいものでもないですし)。それと、章の間にセーブできますが(それ以外でももちろんいつでもセーブ可能)、章の間にセーブする時だけ、セーブファイルの名前を自分で決めないといけません。まあ、面倒というほどではありませんが。

ツールはLive Makerです。学園ものらしからぬ学園もので、非常に濃いドラマを味わえます。選択肢はなく、プレイ時間は3時間程度。第1章50分、第2章30分、第3章1時間10分、第4章30分というところです。特に第3章からラストへの盛り上がりは非常に見事で、一気に読むことができました。私のようにいつまでもPixivのアカウントを作らずプレイを先送りにしないで(笑)、今すぐプレイしてください。お薦めの一作です。
関連記事

Comments 4

-  
No title

10月のゲーム部のレビューも見たいです。

2019/09/26 (Thu) 15:24 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>名無しの方

返信遅れてすみません。「10月のゲーム部」という作品もあるのですね。ただ完結していないようですので、完結の折にプレイしようと思います。

情報ありがとうございました!

2019/10/07 (Mon) 22:45 | EDIT | REPLY |   
-  
No title

完結しているみたいですよ

2019/10/23 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>名無しの方

私が調べたところ、1章と2章しか公開されているのを見つけられませんでした。

もう少し探してみます。

2019/10/26 (Sat) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply