第75回/掲示板生まれの壮大なSFノベル - NETANNAD(TEAM NETANNAD) - SF
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第75回/掲示板生まれの壮大なSFノベル - NETANNAD(TEAM NETANNAD)

SF
  • comment0
  • trackback-

NETANNAD

NETANNAD準推薦
■制作者/TEAM NETANNAD(公開終了)
■容量/61.9MB

少年と2人の少女が気付いた時は、薄暗いバラックのような倉庫にいた。家主によると、ここは何と主人公達がいた世界の250年後だと言う。元の世界へ戻る方法を求め、主人公達は街の中心に立つ不気味な塔、スメールへ向かう。壮大なスケールで送るSFノベル。(注・この作品は「十八歳以上推奨」です)

ここが○

  • 文章力、台詞回しなどに非常にセンスを感じさせる。長いが読んでて疲れない。
  • 立ち絵やイベントCG等、見た目も豪華。
  • 長いが、壮大で波瀾万丈のシナリオは読み応えたっぷり。

ここが×

  • 展開のバランスが不良な為、劇中で主人公が感情移入している程ヒロインに感情移入できない。
  • 18禁シーンはいらないと思う。
  • この手の作品にありがちな、少々強引気味な展開。

■掲示板生まれの壮大なSFノベル

この作品は、「クラナド」という作品の二次創作作品のようです。原作を全く知らないんですが、何でも原作がなかなか発売されないのに豪を煮やした某掲示板の住人達が、「それでは自分たちで作ってしまえ」とばかりにみんなでアイデアを出して作り上げ、何と「クラナド」の発売前に完成させてしまったんだとか。そのパワー、何とも頭が下がります。

今作はなかなか衝撃的な出だしから始まります。何せ、主人公とヒロイン2人がいきなり250年後の世界に飛ばされるんですから、インパクト十分。加えて、その250年後の世界は結構とんでもないです(笑)。SF系のお話が好きな人なら、これだけでやる気をそそられるようなイントロダクションではないかと思います。そして物語はそうあっさりとは終わらず、かなり二転三転するドラマチックな展開を見せますので、そこら辺りはプレイしてのお楽しみという事にしておきましょう。

さて、かなりのボリュームがある(4時間くらいかかりました)んですが、この作品で目を惹くのは、その文章とセンス溢れる台詞回しです。4時間もあったら、絶対途中でだれる時間帯が出て来るものなのですが、この作品ではほとんどそれがありませんでした(ただ、終盤にかかる辺りだけはちょっと冗長かな?)。ひとえに、キャラメイキングと描写の巧みさ、自然で粋な台詞回し、そして「決して語りすぎず、適度に語る」文章力にあると思います。どんどん先を読みたい気分にさせてくれる文章はお見事です。

シナリオも、SFから輪廻転生から恋愛からなんから盛りだくさん。ただ、その盛りだくさんがちょっと裏目と言うか、盛りすぎているような気がしなくもありませんでした。もうちょっとポイントを絞り込んで、純粋なSFアクションの方が面白かったような気がします(「輪廻」とかそう言うの苦手で、途中何度も「???」となりました)。それでも、シナリオについてもボリュームたっぷりで、長編の物語を読んだ満足感をたっぷり味わえると思います。

そして、私が一番不満に思った点があります。それは「展開のバランスが少々宜しくない」事。冒頭いきなり250年後の世界と言うのは、確かにインパクトが大きいですが、逆に読む側は主人公達の「250年前の生活」を一切知らないため、主人公の少年がヒロインに惹かれる辺りに感情移入ができないのですね。プロローグ的に、250年前の世界を描写し、そこら辺りをプレイヤーにまず認識させて欲しかった気がします。

更に、主人公は色々な人と知り合うのですが、これがこの手のゲームにありがちな「1日過ぎたら、その翌日」形式で進行するため、実質4日くらいで舞台が別の場所に写ります。4日じゃそんなに愛着とか沸かないとか思うんですけど(苦笑)。別に1日1日を続けて描写しなくても、1ヶ月1ヶ月にしてしまって4ヶ月いた事にすれば、主人公達が他の登場人物や場所に愛着を持つ、十分な理由になると思うんですけどね。「無駄な描写は切り詰めつつ、作品内的にはもっと過ごしたように感じさせる」事は、決してこの作者さんの文章力からすれば不可能ではないと思います。

後は……主人公は結局3人のヒロインを愛してしまう訳ですが、この辺りもねえ……。この作品は恋愛要素も大きいのに、「こいつも好きだ、こっちも好きだ」を凄く前面に押し出してしまってるので、恋愛関係の描写に非常に説得力を欠くんですよね。まあそりゃ、現実世界でもそうだとは思いませんか?(笑) 加えて、18禁シーンもちょっと蛇足な感じがします。

私らしく、例によって後半はやたら辛口ですけど(汗)、全体のクオリティは非常に高い作品。個人的には「電機屋の兄さん」芳野がお気に入り。SFが好きな方、18禁に抵抗ない方で長編の歯応えある物語が読みたい方には、自信を持ってお勧めします。かなり長いので、休日にでもじっくり腰をすえてどうぞ。(11.5.9追記/公開停止されました。こういう個性的な良作がプレイできなくなるのは、寂しい限りです)
関連記事

Comments 0

Leave a reply