第693回/帰ってきた学校お化け - 十三階段の花子さん2(BLUE AZALEA) - アクション・ドラマ
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第693回/帰ってきた学校お化け - 十三階段の花子さん2(BLUE AZALEA)

アクション・ドラマ
  • comment0
  • trackback-

十三階段の花子さん2

十三階段の花子さん2準推薦
■制作者/BLUE AZALEA(ダウンロード
■ジャンル/学校お化けバトルノベル
■プレイ時間/3時間

山奥の小学校へやってきたクレナイという少女は、学校お化けのエリート「トイレの花子さん」。この小学校には、彼女の憧れの先輩がいるらしい。クレナイを出迎えたのは、やはり学校お化け「十三階段」の少女キザハシ。意気投合した彼女たちは、メアリ、オハナとも合流するのだが、クレナイにはある目的があった。学校お化けバトルノベルの続編。

ここが○

  • やはり個性的なキャラクター達。
  • 前作にも増して凝った演出。
  • 盛り上がる戦闘シーン。充実のシステム。

ここが×

  • 会話の際の効果音演出は、過剰に感じる箇所も。
  • 演出が凝っているのだから、文章は少しあっさりでもいいように感じた場面も。
  • 会話が続くと誰が発言しているか分かりにくくなる場合も。

■帰ってきた学校お化け

十三階段の花子さん」の続編です。制作はTwitter等で知っていましたので、公開されたらすぐにプレイしようと思っていました。前作は、短編お化けアクションという感じのノリの作品でした。主人公達はメリーさん、十三階段、赤マントといったお馴染みの学校お化け達。前作の路線を継続しつつ、今作は新キャラの「クレナイ」も登場し、全体にかなりパワーアップしての登場です。

作者さんは「ななしのおろち」シリーズを作られている方でもあります。あちらは、同じくコメディノリではありますが、やはり基本はホラー。結構な怖さも感じさせてくれますが、こちらはホラーではなく、怖さはほとんどありません。あくまで、お化けが主人公のアクションノベルという感じです。

十三階段の花子さん2序盤のノリも前作と同様です。メアリやオハナ、キザハシがいる山奥の小学校にやって来たのは、学校お化けの定番「トイレの花子」のクレナイ。実は前作のラストで、オハナが友人に手紙を書くシーンがあったのですが、その相手が彼女だったようです。クレナイが小学校にやって来ますが、いたのはキザハシのみ。色々とやり取りをした後、4人全員が揃い、序盤は会話主体で、のんびりとお話が進みます。

会話シーンは賑やかで、4人それぞれの個性が出ていていいのですが、会話が続くと、時々誰の発言かが分かりにくくなる箇所もありました。「ななし」では、顔グラフィックスが出ていますので、会話だけが続いても混乱しないのですが、こちらにはそれがありませんので、少し発言主が分かりやすいような地の文にするか、あるいは台詞の前に発言者の名前を付けても良かったかも知れません。

その後中盤で事件が。前作でメアリ達が封印したはずの敵の正体が徐々に明らかになり、それにメアリ達の過去も絡んできて、ここから一気に話が盛り上がってきます。ここらは独特の設定も絡んできますので、少し話が複雑ですし、若干説明的に過ぎる気がしなくもありませんが、展開のテンポ自体はいいですし、何せキャラクターがよく話を引っ張っていってくれますので、そこまで気にならないでしょう。

その後の戦闘シーンが、今作一番の見どころです。詳細は書けませんが、今回はただの戦いではなく、最初から主人公側にある種のハンディキャップがある上、敵が非常に強大なので、非常に緊迫感があります。「ななし」は何せ主人公達が何の力もない中学生なので、知恵を絞って窮地を脱すののが見どころなのですが、今作は主人公達に色々掟破りの特殊能力があり、超強大な敵に対し能力を縦横無尽に駆使して挑む気持ちの良さがあります。と言って気持ち良過ぎると戦闘バランスが悪くなるのですが、そこに「人質」とも言える存在を入れたことで、緊迫感を高めているのは上手いやり方でした。今作は戦闘シーンの迫力と展開の面白さでは、作者さんの過去作の中でも一二を争うと思います。

この作品で何と言っても目を引くのは凝った演出でしょう。立ち絵と効果線を組み合わせた画面を大量に使用し、時には書き文字も入れて、読み手に「動き」を感じさせる演出の工夫が随所で凝らされています。特に戦闘シーンに入ってからの力の入りようは凄いです。これは非常に手間がかかったでしょうね。恐れ入るほかありません。ただ全編に渡って演出が凝っているため、一部の場面では「もう少し文章描写を軽く流してもいいのでは」と感じるところもありました。

そしてラストの決着の付き方が凄いというか反則というか……(笑)。しかし、主人公達のハンデを物ともせず、凄い手で反撃し、更にラストはきちんと4人全員に見せ場を作った上で大勝利という、この流れは見事だったと思います。戦闘だけでなく、主人公達の友情や過去も上手く盛り込んだ展開もよく出来ていました。回想シーン以外は、小学校の中と校庭のみという非常に限られた舞台なのですが、それでも退屈せずにそれなりの時間を読ませる作りが、とてもよく出来ていました。

ちなみにこの作品、システムやおまけが大変充実しています。オープニングにはムービーも付いていますし、前作の内容を2分で復習できるコーナーまであります。なので前作をプレイしていなくても楽しめますが、前作をプレイしてからの方が楽しいでしょう。40分で読めますから、未プレイの方は前作からどうぞ。そして前作のレビューで私が指摘した点がほとんど解消しています。立ち絵はちゃんと身長の設定に従っていますし、立ち絵の表情が切り替わる時の時間も、大分短縮されていてストレスを感じなくなっていました。

ツールはLive Maker。選択肢のない一本道で、プレイ時間は2時間半から3時間。クリア後には色々とおまけもありますので、最後まで楽しめます。謎もきちんと解決して大団円を迎えていますし、続編として理想的な進化をした作品だと思います。バトル物が好きであれば、きっと楽しめるはずですからプレイしてみてください。
関連記事

Comments 0

Leave a reply