第76回/始めよう、君と一緒に - Begin with you!(あいはらまひろ) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第76回/始めよう、君と一緒に - Begin with you!(あいはらまひろ)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

Begin with you!

Begin with you!推薦
■制作者/あいはらまひろ(ダウンロード
■容量/10.8MB

主人公高宮圭介(名前任意)は、高校時代陸上部で長距離に打ち込んでいた。現在は浪人中の身。大学でもう一度陸上をやろうと、努力の日々だが、なかなか勉強ははかどらない。妹、幼なじみの少女、親友……色々な人との心の繋がり、そして成長。前作同様、丁寧な作りで完成度の高い、正統派恋愛ノベルゲーム。

ここが○

  • 文章力やキャラクターメイキングは相変わらず見事。
  • 緻密なマルチシナリオも相変わらず。前作以上のボリュームで楽しめる。
  • システム面も非常に凝っている。

ここが×

  • メインヒロインの秋穂がよく出来ているが、その他のヒロインとはちょっとシナリオに落差あり、かも。
  • 今回も立ち絵等はないので、やはり地味。
  • ドラマティックな物語ではないので、そういうのを求める人には向かない。

■始めよう、君と一緒に

何とも久々のレビュー。何と8ヶ月ぶりくらいでしょうか。確か、プレイしたばかりのこの作品をレビューしようと思っていたはずなんですが(苦笑)。そんな訳で、ようやくレビュー再開。当然、レビューを書く予定だったこの作品です。

この作品は、ご存知の通り「Beyond the summer」の作者さんの手によるもの。前作も全て1人の手でコツコツと作られた、マルチシナリオ式の正統派恋愛ノベルでしたが、今回もそれを受け継いでいます。そして、前作は登校時に主人公が電車で……という感じで、シナリオはそう長くなかったですが、今回は物語内で約半年くらいの期間となります。かなりのボリュームです。ヒロインは4人。攻略もそう難しくありません。

今作の主人公は、高校時代陸上部で長距離走に打ち込んでいた浪人生。彼が自分のやりたい事を見つけ、大学に合格するまでを描いた物語。その主人公に4人のヒロインが絡んでくる事になります。前作で好評を博した、過剰に飾らず、しかし丁寧な文章やキャラクターメイキングは今作でも健在。文章が実に自然に頭に入って来て、かつ情景がすっと頭に浮かんでくるんですよね。こういう文章を書けるノベルゲームの作者さんは希有な存在だと思います。

シナリオではメインヒロインでもある、幼なじみの双葉秋穂シナリオが出色の出来映えです。よくある幼なじみものと言ってしまえばそれまでなのですが、ヒロインと主人公、それぞれの心理描写がとても細やかで、キャラクタードラマとしても物語としても、非常に読み応えがあります。この手の「幼なじみもの」では、ともすれば主人公やヒロインの葛藤に、読んでいる方がついていけない事もあるのですが、今作ではそんな事もなく、キャラクター達の葛藤に素直に感情移入できます。作者さんの卓越した筆致があればこそでしょう。

ただ、秋穂シナリオがよくできているだけに、それ以外の3人のシナリオは少し物足りなく感じました。水準以上である事は間違いないのですが、攻略キャラが変わると大きな流れ自体も変わってしまった前作と異なり、今作は大まかな流れ自体は固定で、言ってみればオチも分かっている訳です。つまり「大枠は同じ話で、デコレーションが違うだけ」(乱暴な意見だな(苦笑))。最初に秀逸な秋穂シナリオを体験した後だと、他の3人はちょっとインパクトに欠けたかな、と言う気がします。

今回もキャラ絵等は一切ありませんが、上に書いた通り、キャラクターメイキングや描き方などが卓抜しているため、全く気になりません。むしろ絵がない方が想像力が刺激されるでしょう。音楽も全て素材ですが、素材の選択が素晴らしくセンスを感じさせます。また、今回はスクリプトの使いこなしが素晴らしく、システム面の作り込みも見事です。メニュー画面を開いた時に、舞台となる「星川町」の地図が出るんですが、これは素晴らしいアイデアです。キャラ絵が一切なくても、想像力がふくらみますね。これだけの作品をたった1人で作り上げられたとは、驚くばかりです。

恋愛ものですが、文章力、描写力等素晴らしいため、どなたにも安心してお勧めできる作品です。前作でも好評を博したおまけシナリオ等も健在です。キャラ絵がないため地味なんですが、是非プレイしてみてください。絵が一切ないのにこれだけ魅力的な作品を作れる作者さんは、とても貴重な存在だと思います。次回作にも期待してやみません。
関連記事

Comments 0

Leave a reply