第717回/旅で育む夏の恋 - My precious.(Shokora) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第717回/旅で育む夏の恋 - My precious.(Shokora)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

My precious.

My precious.■制作者/Shokora(ダウンロード
■ジャンル/夏の王道恋愛ノベル
■プレイ時間/45分

ユウキは本が好きで、喫茶店でのバイトも頑張っている高校生。幼馴染の桜に百合、ユウキと同じく本が好きで図書委員で一緒のクラスメイト美咲、バイト先の先輩久美、それに仲の良い友人の将暉と楽しい毎日を送っていた。ある日桜から夏休みの旅行に誘われる。果たして旅行でユウキはどの子と仲を深められるのか? 王道マルチヒロイン恋愛ノベル。

ここが○

  • 気持ちがいいほどの王道ストーリー。
  • 4人のヒロインは共に個性的で可愛い。
  • 立ち絵、ラストで出てくる1枚絵も綺麗。

ここが×

  • 少し起伏に欠けるストーリー。
  • どのルートでもほとんど展開が同じ。
  • 展開だけでなく台詞のやり取りもほぼ同じ。

■旅で育む夏の恋

最近、ちょっと捻った作品や、読後感が良いとは言えない作品をプレイすることが多く、特に男性向けのストレートな恋愛ものは大分ご無沙汰でした(女性向けならば「恋愛のすゝめ」がありましたが)。そんな中、久々に王道を行くマルチヒロインの恋愛ノベルの登場です。昔はこの手の作品が多かったのですが、最近ではめっきり見なくなりましたね。その分、時々プレイできると逆に新鮮です。

主人公のユウキは本が好きな高校生。本が好きなのですが、決してインテリという感じではなく、喫茶店でのバイトにも熱中する、今時の高校生です。しかも彼の周りには幼馴染の桜と百合、同じく本が好きなクラスメイトの美咲、それにバイト先の先輩久美と、可愛い子ばかりがいるという恵まれた環境。特に幼馴染の可愛い女の子が2人もいるというのが素敵。この手の作品は、こうでないといけません(笑)。

My precious.作りは正に正統派。カレンダー消化型やマップ散策型ではありませんが、選択肢でヒロインの好感度を高めていくタイプです。選択肢で会えるヒロインが変わったりもしますが、選択肢はそれほど意地悪ではなく、そこまで攻略はシビアではありませんので、気楽にプレイして構いません。主人公の個性は薄めですが、この手の作品の場合は、主人公に個性を出し過ぎるよりはその方がいいと思います。

4人のヒロインは性格付けがはっきりしており、会話も個性的で楽しめます。また、立ち絵がオリジナルなのですが(背景は大変お馴染みのものばかりですけど)、立ち絵もしっかり各ヒロインが差別化されています。また、長い物語ではありませんが服装差分もしっかりあり、目でも楽しめる作品です。マルチヒロインの恋愛ものは、こういうところもポイントになりますね(文章だけのマルチヒロイン恋愛ものも、それはそれで味わいがあって好きですが)。

中盤で、幼馴染の桜から夏休みの旅行に誘われます。メンバーは、主人公、主人公の友人の将暉、桜、それに百合。この旅行が後半のストーリーの柱となります。百合は少々おまけヒロインっぽい扱いですが(彼女だけ主人公から告白しないし)、それ以外の3人は、些細な言動からユウキに対するちょっとした想いを覗かせたり、心情描写もなかなか巧みで、読ませてくれます。

ただ、後半の展開はどのヒロインを狙っていても、展開がほとんど同じなんですよね。展開がほとんど同じだけならまだしも、会話内容すらほとんど同じという(笑)。なので複数回プレイが少々退屈になってしまいます。せっかく複数のヒロインがいるのですし、ここはユウキを巡って桜ともう1人のヒロインの駆け引きでも描写すれば、たとえ展開が同じでも、やり取りが変わって複数回プレイの面白さが増したのでは。

全体の展開も、決して起伏が大きい訳ではありません。さほど長くない物語に4人のヒロインがいるので、そこは致し方ない面はあるかも知れません。ヒロインの主人公に対する心情描写はよく出来ていますから、各ヒロインにもう1つくらい、ユウキとの関係を変化させるきっかけになるイベントでもあれば、かなり読んだ印象も変わったでしょうし、複数ルートを読む楽しみもあったような気がします。

なお、百合を攻略する時だけ、後半の旅行の展開が少しだけ変わります。この展開は、定番と言えば定番なのですが、いいアクセントになっていましたし、緊張感も出せていました。このイベントがあることで、将暉というキャラクターにも存在感が増していたように思います。こういう展開を、他のヒロインの時も見せてくれれば良かったような気がしました。

読了後には非常にシンプルなクレジット画面が出ますが、その時に1枚絵が出ます。この1枚絵がとてもよく描けていて、この絵を見るためだけでも全ヒロインを攻略する価値があります。ツールはティラノスクリプト。プレイ時間ですが、初回は20分程度。それ以降は既読スキップを使えば(既読文は色が変わるので親切です)、10分前後。全部読んでも1時間かからないでしょう。

選択肢は結構ありますが、上に書いた通り難易度は高くありません(百合ルートだけ、少し捻ってありますが、考えれば分かる範囲)。ヒロイン別のエンドが4つ。バッドエンドは要するに告白失敗ですから、狙わないと見られないかも知れません(笑)。繰り返しプレイに少し難はありますが、短時間で読めますので、恋愛ものがお好きであればきっと楽しんでプレイできるはずです。
関連記事

Comments 0

Leave a reply