第722回/初恋の重みは15年 - 初恋は年齢天秤の中で(はるねりま) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第722回/初恋の重みは15年 - 初恋は年齢天秤の中で(はるねりま)

恋愛
  • comment2
  • trackback-

初恋は年齢天秤の中で

初恋は年齢天秤の中で推薦
■制作者/はるねりま(ダウンロード
■ジャンル/体は大人心は子供の恋愛ノベル
■プレイ時間/3時間

13才のハナビは背が低く子供っぽい見た目を気にしている。そんな彼はクラスで隣の席の成田夏乃のことを好きになった。しかし夏乃の好みは大人っぽい男性らしい。ハナビはネット検索で「15才後の自分を体験できる」というサイトを見つけ、半信半疑でそれに申し込む。一方「年齢天秤」の所有者シゲは自堕落な生活を送っていた……。

ここが○

  • 2つのストーリーがラストで1つに重なる見事な構成。
  • 適度な長さの章立てで読みやすい。
  • 年齢天秤の意義が見事に結実するラスト。

ここが×

  • ハナビは色々と迂闊な行動が多い気がする。
  • 序盤の挙動が不安定。
  • 立ち絵の絵柄が違うので違和感がある箇所が。

■初恋の重みは15年

48本目、33本ぶりの「推薦」作。恋愛ものなのですが、非常に面白いアイディア、凝った構成で作られており、非常に感心させられました。これで処女作だというのですから、驚いてしまいます。面白いタイトルですが、タイトルにも出てくる道具「年齢天秤」というのが、物語のキーアイテムとなっています。

この年齢天秤、対象となった片方の年齢を15才上げ、もう片方を15才若返らせるというアイテムです(ただし年齢が変化するのは肉体だけで、中身は元のまま。当然ですが期間限定)。そして物語の主人公はハナビというニックネームの中学生(彼の本名はちゃんと物語中で分かります)。彼はクラスで隣の席の女の子、成田夏乃に恋をするのですが、幼馴染の市原渚に好みのタイプをきいてもらったところ、夏乃は「大人っぽい人が好き」ということを知って衝撃を受けます。ハナビは、背も低くどう見ても小学生にしか見えない見た目なのでした。

初恋は年齢天秤の中で彼は一生懸命インターネット検索で探し、ある時「15才後の自分を体験しませんか」というページを見つけます。胡散臭さを感じながらも、そのサイトから申し込むハナビ。もうお分かりと思いますが、ハナビが15才上の大人になり、夏乃にアプローチをかけようという作戦です。序盤から「それは結構無理があるのでは?」という展開ではありますが、物語ですからそこはありということで。逆に突飛すぎるとも言える展開で、読者を最初から強く掴むことに成功しています。

そしてこの作品にはもう1人の主人公がいます。それが28才のシゲ。彼は定職にもつかず自堕落な生活を送っていましたが、実は彼こそが「年齢天秤」の所有者。とは言ってもシゲは名目上の所有者で、年齢天秤を使用するのは実際にはある会社の社長です。その社長が対象者とコンタクトをとり、契約になるとシゲを呼び出して、年齢天秤を使い、シゲは15才下の13才になり、対象の相手が15才年をとるということです。

シゲはある日社長に呼び出され、「子供からの依頼を受けたから、年齢天秤を使いたい」と言われます。15才下の13才になって街を散策するシゲ。一方で15才上の28才になり、憧れの夏乃にアプローチをかけるハナビ。この2人の視点が交互に描かれ、全11章構成です。章の前半はハナビの視点、後半はシゲの視点です。1章は長くて20分程度ですので、テンポよくすらすらと読めます。

この作品の何がよく出来ているって、その見事な構成です。出だしは変わった道具で読者を掴み、序盤から物語の方向性を明確に示すのがまず上手い点です。そしてハナビとシゲの視点を交互に描き、ハナビ側では夏乃との恋模様、シゲ側ではユリアとの交流が描かれつつ、徐々にハナビの恋ととある事件を両面から描いていくと思いきや……。こういう構成をとっている以上、必ずどこかで2つの物語が1つに交わる時が来るはずだと思って読んでいましたが、物語の真実を明かし、2つの物語が交わるタイミングが絶妙で、唸ってしまいました。

その事実が明かされただけだと、ラストで「これだとどうにも主人公が報われないな……」となるのですが、その後に来る落とし方がまた上手い。上手い上に、「年齢天秤がようやく釣り合った」とでも表現できそうな、メインの道具を綺麗に生かした見事なラストシーンです。ラストシーン自体は意外と素っ気ないのですが、だらだら引っ張るより良かったような気もします。起承転結むらなく読者を引っ張る力を持った、実に見事な構成、物語でした。

ただ、ハナビの行動が一部あまりに迂闊すぎるところは気になりました。15才年上になった時、「ハナビの兄」と言っていますが、普通はそんなすぐバレる嘘にせず、従兄弟などもう少し遠い血縁にするでしょう。また渚に問い詰められた時、「土日は夏乃と遊んでいた」と暴露してしまうのも、あまりに直情径行です。夏乃が年齢天秤を使った時の行動も、彼女の頭の良さを考えればかなり場当たり的で、この辺りはちょっと「展開上の都合」を感じてしまいました。そうしないとストーリー上困るというのは分かるのですが、それを感じすぎてしまったのです。

なおこの作品、登場人物の苗字が、佐倉、市原、成田、市川、千葉、館山、旭、香取、野田。全員千葉県の市の名前です。作品の舞台も千葉県市川市ですし、作者さんが千葉の方なのかも知れませんね。台風は大丈夫だったのでしょうか(余計なお世話?)。こういう、気付く人は気付くちょっとした遊びは、結構好きです。と言っても、私は実は千葉県には一度も行ったことがないのですが(笑)。

立ち絵の絵柄や頭身が一定していないので、違和感を感じるところもありますが、絵自体は可愛く魅力的です。ツールはティラノスクリプト(ビルダー)。選択肢はありますが、一本道です。★マークのついた選択肢を選ぶと、回想などをカットして少しプレイ時間を縮められますが、過去の思い出や裏話が読めますし、わざわざ使うことはないかも知れません。

実は序盤に突然止まることがあるのですが(私は2回止まって、最初からやり直しました。作者さんの注意書きにもこの件は書かれています)、ティラノですから諦めましょう(笑)。プレイ時間は3時間。恋愛ものとしても心情描写がよく出来ていますし、とにかく読み手を飽きさせずに最後まで一気に読ませるパワーのある物語です。読んでみてその構成に感心してください!
関連記事

Comments 2

harunerima  
レビューありがとうございます!

作者のはるねりまと申します。この度は長い作品をプレイして頂き、ありがとうございます。
それだけでなく推薦まで⋯⋯。大変光栄に思います。

ストーリーや構成は時間をかけて考えましたので、その部分を褒めていただき大変嬉しいです。
また、ご指摘頂いた部分は、まさにその通りだと思っています。自分でもちょっと強引かなと考えましたが、作品のテンポ重視でそのまま書きました。でも、読んでいる方にはやっぱり見抜かれてしまいますね⋯⋯。今後の作品作りの参考にさせていただきます。なお、「遠い血縁」の部分は言われてみれば確かにそうだ、と衝撃を受けています。

序盤の挙動につきましては、本当にすいません⋯⋯。プレイ環境を最優先して、極力容量を軽くするなどの措置を行ってきましたが、どうしてもこれだけは原因が分からず⋯⋯。仕様だと諦めず、その辺りの部分も勉強をしていきたいと思います。

最後に蛇足ですが、自分は千葉県の出身ではありません。東京都です。すいません(笑)
千葉県の市町村名は名前にも使えそうだな、という理由で、割と遊び心で全員そんな苗字にしました。あ、でも、それだけはありません。最後の仕掛けのため、「千葉県」という先入観を分かる人にだけひっそりと与えておきたいな、という意図もありました。

長くなりました。自分も今月からノベコレに積極的に感想を残していますが、その文章を書くのが想像以上に大変で、NaGISA様のブログを拝見していますと、時間をかけて書いているんだろうなということが強く伝わってきます。
どうか無理はなさらず、今後も頑張ってください。応援しております。
改めまして、ありがとうございました!

2019/10/27 (Sun) 13:21 | EDIT | REPLY |   
NaGISA  
>>harunerimaさん

こちらこそ、とても楽しい作品をありがとうございました。途中緩むところもなく、一気に最後まで読ませるシナリオの作り、そして構成の面白さ。こういう作品はおいそれと作れるものではありません。感服しました。

東京だったのですね。読み進めて「あれ、全員千葉の地名だな」と思ったので、少しにやりとできました。こういうちょっとした仕掛けもいいですね。

私のレビューは、好きなので書いていたらいつの間にかこんな量になったという感じです。作品を探すときに、少しでも参考にしていただければ、レビュアーとしてこれに勝る喜びはありません。

今回、処女作のようですが、それでこれほどの作品を世に出されたことに大変驚きました。次回作を作られるなら、またプレイ致しますね!

2019/10/27 (Sun) 22:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply