第757回/保留にしたい俺、応援したい君 - その恋、保留につき、(その恋、保留につき、製作応援委員会) - 恋愛
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

第757回/保留にしたい俺、応援したい君 - その恋、保留につき、(その恋、保留につき、製作応援委員会)

恋愛
  • comment0
  • trackback-

その恋、保留につき、

その恋、保留につき、■制作者/その恋、保留につき、製作応援委員会(DL
■ジャンル/保留にした恋の応援ノベル
■プレイ時間/2時間

県立藤崎台高校の2年生柳川幸介は、小澄友香にスカウトされ、今は友香と2人薙刀部で活動していた。幸介は友香に思いを寄せていたが、今の関係を壊したくない彼は、その思いを「保留」にしていた。そんな彼に「恋愛応援委員会」の2人、天神晶子と姪浜舞が声をかけてくる。保留にしたい幸介と応援したい2人。ハイクオリティな青春恋愛物語。

ここが○

  • グラフィックスやシステムなど、全てが驚くほど高品質。
  • 魅力的なキャラクターやり取り。
  • 短い章立てになっておりプレイしやすい。

ここが×

  • とにかく、重く不安定。
  • いまいち物語に盛り上がりどころがない。
  • 心情描写など、恋愛ものとしてはちょっと薄味。

■保留にしたい俺、応援したい君

この作品も、去年大いに話題になっていましたね。話題作は、話題が一段落した頃に取り上げるのがNaGISA流です(笑)。この作品、まず見た目が凄いです。グラフィックスは立ち絵、1枚絵(それほど数は多くないですが)から、ユーザーインターフェイスに到るまで物凄い手のかかりよう。フリーのレベルを超越しています。背景画像は写真を加工したのでしょうか。これほど徹底的に手がかかった作品は、フリーではなかなかお目にかかれません。

その代償なのかどうかは分かりませんが、これほど重く不安定な作品も滅多にありません。起動が物凄く遅いのはまあいいとして(ティラノですから)、途中で止まること多数。私は2時間のプレイ時間で、10回以上フリーズしました。これには流石にげんなり。止まれば当然やり直しなので、こまめにセーブする以外の対処はありません。また、何も操作していないのにバックログ画面が開くことも多数。Macのマウスにはタッチセンサーがあるので、たまにこういうことがありますが、それにしてもこれはプレイに障るほどのレベルでした。内容に関係のないところでストレスがかかると、ちょっと困ってしまいます。

その恋、保留につき、さて、内容のご紹介に入りましょう。この物語は高校を舞台にした、典型的なタイプの学園恋愛ものです。主人公の柳川幸介は、県立藤崎台高校の薙刀部に所属する2年生。薙刀部には幸介とヒロインの小澄友香の2人しか部員がおらず、幸介は友香に密かに思いを寄せています。が、2人しかいない部活動で今の関係を壊すのが怖く、幸介は自分の思いを保留にしようと思います。まあ、よくあるパターンではありますね。

そこへ同じ学年の2人の女生徒、天神晶子と姪浜舞が声をかけてきました。彼女たちは「恋愛応援委員会」というサークル(?)のメンバーで、藤崎台高校生徒の恋を応援する活動をしているんだとか。恋を保留にしたい幸介と、何としても幸介の恋を成就させたい晶子&舞。「自分の思いを保留にする」というテーマ自体は目新しいものではありませんが、そこに「恋愛応援委員会」を絡ませてきたのが面白く、ラブコメとしてストーリーの推進力を生んでいます。なおこの作品は、ヒロインの友香以外は名前が全員福岡県の地名ですね(企救丘って、北九州でしたっけ?)。

この作品は、クリッカブルマップ形式ではあるのですが、マップ上のクリックシンボルは一度読んでもなくならず、いつでも再読できます。シンボルを一度クリックして読めるのが1話という位置付けで、全部で40話以上からなるのですが、1話はせいぜい5分。なので気軽に少しずつ読むこともできます(私は一気に読みましたが)。「マーシフルガール」は、クリッカブルマップ形式ではないもののそんな感じでしたね。

このため、読了してもマップ画面に戻るだけですし、複数ヒロインのルートを同時に読み進めることもできます。このシステムのお陰で気軽に読めるメリットはもちろんあるのですが、反面ストーリーに強力な盛り上がりを欠いたような印象もあります。また、メインヒロインの友香以外のルートは、どうにもとってつけたような感がありました。キャラクターは文句なく全員魅力的で、フルボイスという豪華仕様ですから、本格的な物語というよりも、キャラクターのやり取りを楽しむべき作品かも知れません。そのつもりで読めば、幸介の鋭い突っ込みなど、全般に渡って会話は非常に面白く、ラブコメとしては高水準です。

天神晶子は、恋をブランドくらいにしか考えていない、気位の高い少女。そんな彼女に本当の恋を知ってもらうというような流れです。方向性自体は、実はメインヒロインの友香よりも面白かったかも知れませんが、如何せん心情描写が不足気味で、晶子と幸介が惹かれ合う過程が感じられなかったのが、少し弱点に感じました。そして最終的には幸介は友香がやはり好きなので、結局2人の関係は保留という(笑)。

姪浜舞は、男性を異性として意識するのが苦手というタイプ。このルートは、天神ルートに輪をかけて心情描写に乏しく、ちょっとラストも唐突に感じました。オチへの持って行き方も少々強引というか、収まりがよくないというか……。でも、キャラクターとしては大変可愛らしくて魅力的なので、会話だけでも楽しめるルートです。そしてラストはやっぱり保留。

メインの小澄友香。友香が、薙刀の名門校に転校どうのこうのというお話。メインだけあって、ストーリーとしては王道ながら一番まとまっていました。ただし転校云々の話題がいきなり出る上、そこからの流れもちょっと急すぎたように感じます。全体の要素をもう少し丁寧に描写するだけで、かなり変わったのでは(これは残りのルートも同じですが)。このルートだけはラストでちゃんと恋人同士になりますし、エンドロールも流れますので、「終わった感」がしっかり味わえます。

そして男子生徒の企救丘のルートもあります。別にBL展開になる訳ではなく(笑)、企救丘の彼女の秘密が描かれる、ちょっとした裏エピソードみたいなもの。これも特に伏線がある訳ではなく、1本のルートにするよりは、お話の味付けくらいでも良かった気もするのですが、この作品のシステムならばこういう作り方もありかも知れません。それとBGMが、「麦畑」とか「通りゃんせ」などの曲のアレンジで、これは面白いと思いました。欲を言えば、もう少し曲数があれば良かったのですが。

恋愛ものとして見ると、全体に少々薄味なのですが、上に書いた通り「学園コメディ」として見るならば十分に水準以上の出来栄えで、美麗なグラフィックスと声の演技でとても楽しめるでしょう。ツールはティラノスクリプト。4つのエンドを全部見て2時間です。マップ画面の説明で、どの話に選択肢があるかも表示されますので、攻略も実に簡単です。既に続編(「その恋、暫定につき、」というタイトルらしい)も作る予定があるそうで、今作の話がどう続くのか、楽しみに待とうと思います。
関連記事

Comments 0

Leave a reply