掌編ミニレビュー第27回 - クリスマスガール/片思いの幼なじみとクリスマスデートすることになったんだが/クリスマスにはお祝いを - 掌編ミニレビュー
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト − 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別掌編
久住女中本舗作品リスト - 新着順/名前順
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

掌編ミニレビュー第27回 - クリスマスガール/片思いの幼なじみとクリスマスデートすることになったんだが/クリスマスにはお祝いを

掌編ミニレビュー
  • comment0
  • trackback-

79. クリスマスガール

クリスマスガール■制作者/一限はやめ(ダウンロード
■ジャンル/ファンタジー
■ツール/RPGツクールVX


ツクールVX製の小さな物語です。そしてこれも「千文字喫茶」の参加作品。なのであっという間に終わります。ツクールですので、冒頭はRPG風のトップビュー画面でチビキャラが動いて物語が始まりますが、ここは全自動で進み、自分でキャラクターを操作する訳ではありません。このシーンは、チビキャラのちょっとした演技が見られて、意外と芸が細かいです。

主人公は高校生(なのかな?)の少女深冬。どうやら彼女は入院中のようなのですが、そんな彼女の病室に女の子のサンタクロース、ネムが現れます。登場時の「モーイ!」に笑ってしまいました。そんな深冬に、ネムが送るささやかなクリスマスプレゼント。そんなお話です。ただそれだけの話なのですが、ネムが深冬にくれるプレゼントと、かけてくれる言葉に隠された思いやりで、心が暖かくなる掌編です。

そして、立ち絵や1枚絵が非常に美麗です。この絵を見るだけだけにプレイしても損はしないでしょう。掌編ですから、ツクールVXだからと言って特にプレイしにくくもありません。短く、捻ったところのないテーマを持ったシンプルな会話劇ですが、その分ストレートに心に響いてくると思います。

80. 片思いの幼なじみとクリスマスデートすることになったんだが

片思いの幼なじみとクリスマスデートすることになったんだが■制作者/ユーカリワークス(ダウンロード
■ジャンル/不思議系
■ツール/ティラノスクリプト


お馴染み(?)VIP系の作品です。とは言え、VIP系にありがちなネタはなく、言われなければVIP系の作品とは気付かないでしょう。あえて言えば、タイトルがちょっとVIPっぽいかも知れません。そして、VIP系らしく立ち絵や1枚絵(ラストに1枚しかありませんが)はとても高品質です。掌編でも手を抜いたところはありません。

物語は、主人公が1年前のクリスマスイブにデートに誘ったまま会えなくなった、幼馴染の由香里と、1年越しのクリスマスデートをするというもの。設定としては比較的よくあるもので、それほど驚かせる展開という訳ではないのですが、ファミレスにゲームセンター、それに主人公自宅でのひと時など、由香里との楽しくほのぼのとしたやり取りが上手く描かれていて、心が和みます。

ただ、由香里が主人公を「俺君」と呼んでいるのにはちょっとずっこけました(笑)。まあ、そこがVIPらしいと言えばらしいのですが、何か名前をつけてあげても良かった気はします。ともあれ、クリスマスイブの1日を楽しく過ごした後、少ししんみりした気持ちに浸れる作品です。もう少し長い尺で、色々盛り込んでみても面白かった気はしますが、この作品の売りはオチよりも途中の由香里とのやり取りだと思いますので、そこを楽しみましょう。

81. クリスマスにはお祝いを

クリスマスにはお祝いを準推薦
■制作者/気狂いなすび(ダウンロード
■ジャンル/日常
■ツール/吉里吉里


沈める日」の作者さんの最新作です。あちらは、いわゆる「セカイ系」に分類される不思議な青春物語でしたが、こちらはごくありふれた日常を描いた物語。立ち絵も1枚絵もなく地味なのですが、なかなか味わい深く、掌編ではありますがじわりと染み込むような読後感を味わえます。主人公は、大学を卒業して、夢を追い続けても届かないままフリーター生活を続けている男です。

そんな彼がクリスマスイブの日、色々な人に会ったり過去のことを思い出しつつ、一人でイブの夜を過ごすというお話。ただそれだけで、特に前向きな描写がある訳でもないですし、主人公は色々失った者も多い、言わば「負け組」のような人生を送っている男です。なので少し全体に重苦しい閉塞感のようなものも漂うのですが、不思議と読後感は悪くありません。1人でクリスマスの乾杯をする主人公には、その心情に共感する人も多いのではないでしょうか。

ラストは、明確に主人公がどうなったかが語られませんが、何故か主人公の今後に希望を感じられたのは私だけでしょうか。主人公はそれまで順風満帆とは言えない人生を送ってきたのですが、最後一人で「クリスマスに乾杯」して、再び夢に向かおうとしたことで、何か変化のきっかけが掴めたような、そんな印象を持ちました(私だけかも知れませんが)。想像力を刺激してくれる日常物語です。
関連記事

Comments 0

Leave a reply