掌編ミニレビュー第28回 - 消灯コーヒー/ブルースクリーンの恋人/本命チョコは義理チョコです - 掌編ミニレビュー
FC2ブログ

NaGISA net - フリーノベルゲームレビュー

ARTICLE PAGE

作品リスト(通常) - 新着順名前順プレイ時間順ジャンル別
作品リスト(掌編) - 新着順名前順ジャンル別
Peing質問箱(リクエスト、ご質問お気軽に)

掌編ミニレビュー第28回 - 消灯コーヒー/ブルースクリーンの恋人/本命チョコは義理チョコです

掌編ミニレビュー
  • comment0
  • trackback-

82.消灯コーヒー

消灯コーヒー■制作者/cream△(ダウンロード
■ジャンル/日常
■ツール/ティラノスクリプト


この作品はティラノなのですが、まず驚いたのは起動の速さです。今までのティラノ作品は数十秒待たされるのが当たり前だったのが、一瞬で起動するのです。最近ティラノがバージョンアップしたそうなので、その影響でしょうか? だとしたら、凄いことです。この調子で、安定性も向上してくれていれば、非常に嬉しいのですが。

主人公の豆川が働く閉店間際の喫茶店に、クラスメイトの女生徒無糖(主人公といい、凄い名前)が男連れで入ってきます。が、男が先に帰ってしまい、無糖の目には涙が。こんな感じのお話です。他愛無いと言えば他愛無いストーリーで、あくまでシチュエーションを楽しむ作品ですが(でも無糖の告白が真実だったらと考えると……)、今作は雰囲気がとても素晴らしい。立ち絵は少女漫画のような繊細なタッチですし、背景の加工が非常にお洒落。立ち絵とも合っていますし、閉店間際の喫茶店という感じが非常によく出ていました。

セーブその他はできませんが、掌編なので別に困りません。ただ、読み返しもできないのは少し不便に感じました(私はレビューを書く関係上、読み返しは非常によく使いますので)。タイトル画面からエンディングまで、非常に作者さんのセンスが溢れる作りが印象的で、この作者さんの長い物語を是非読んでみたくなりました。

83. ブルースクリーンの恋人

ブルースクリーンの恋人準推薦
■制作者/kiji(ダウンロード
■ジャンル/SF
■ツール/Wolf RPGエディター


画面写真を見ただけだと、全く興味をそそられないかも知れませんが、この作品はアイディア賞ものです。パソコンの青い画面にコンピューターからの英語のメッセージが流れ、時折英語に対してそれはどういう意味かを訊かれますので、その都度入力していくというシステムです。やがてだんだんコンピューターのメッセージに日本語が混じっていくのですが、最後には……。

この作品は、まさに掌編ならではです。そして英単語の意味を入力していくというシステムが、物語にぴったりはまっています。だんだんコンピューターの発言に日本語が混じってくるのですが、所詮英単語を日本語に置き換えただけですので、非常に片言です。しかしその「片言感」により、コンピューターが必死にプレイヤーにメッセージを伝えようとしている様子を、この上なく明確に表現しています。作者さんの思いつきには脱帽しました。

ラストは素っ気無いながらも、逆にその素っ気なさが演出として非常に効いており、掌編にもかかわらず強い余韻を残してくれる作品です。ただ、フォントの関係で文字が非常に見にくいのは困りました。なお、真面目に単語を入力すれば感動できるお話ですが、ふざけた単語を入力すればコメディにもなります(笑)。色々試してみてください。とにかく、見た目の地味さにいい意味で騙される作品です。

84. 本命チョコは義理チョコです

本命チョコは義理チョコです■制作者/児玉守(ダウンロード
■ジャンル/恋愛
■ツール/吉里吉里


最近では「猫の名前は左衛門のすけ」を取り上げた作者さんの作品です。この作者さんらしく、とにかくテンポがよくどんどん話が進んでいきます。過去作品では、時に飛ばしすぎて描写が足りないと思うこともあったのですが、この作品はむしろ物語がそのハイテンポに合っており、掌編なのですがしっかりした読後感を味わえる作品に仕上がっていました。

主人公の茂本は凄腕のプログラマーでしたが、会社の方針に背いた結果会社を辞めざるを得なくなります。高収入だったのも今は昔。安アパートで日銭を稼ぎ、美人の彼女にも逃げられる始末。そんなある日、前の会社の後輩の女性、宮村世羅からバレンタインのチョコレートをもらった茂本。典型的な恋愛ものですが、とにかく都合が良すぎるくらいにどんどん話が進みます。この辺りは同じ作者さんの「地下アイドルやめますか」にも通じるものがあります。

描写が少ないため、後半からラストはちょっと飛ばし気味なのですが、きちんと序盤の展開を伏線として最後で活用していたのは上手いなあと思いました。ただ、あの場面の言葉としてはあまり格好良く無いような気もしましたが(笑)。10分で読め、掌編なのにしっかり起伏もついており、安心できるハッピーエンドの恋愛ものです。難しいことを考えずに楽しめる作品です。
関連記事

Comments 0

Leave a reply